2011/01/23放送
epic48「闘うゴセイパワー」
強力なパワーを集めて、地球全ての命を蘇らせる力がある“エンド”の儀式。しかし、それは自然の摂理に反する行為として禁じられていた。ブラジラは、その“エンド”の真逆に作用する天装術を開発し、“ネガー・エンド”と名付けたようだ。三本の楔(くさび)がそろえば、ブラジラは“ネガー・エンド”の儀式により地球を破壊してしまう!
ブラジラの計画を阻止するため、アラタたちは楔を調べることに。そこに、ブラジラとともにダーク・ゴセイナイトが現れ、ゴセイジャーを吹っ飛ばす。そんな中、レッドは、ブラジラがゴセイナイトを三本目の楔にしようとしていることに気づく。戦いを避けるため、レッドはゴセイナイトがどれだけ地球のことを考えていたかを訴える。
ところが、ゴセイナイトは聞く耳を持たず、ゴセイジャーを攻撃する。そこで、レッドはゴセイナイトを倒し、ゴセイナイトが楔になったら楔を壊し、絶対に地球を護ると決意。スーパーゴセイレッドに変身し、ゴセイナイトに立ち向かう! ブルーたちはレッドを止めようとするが、彼らの前にヒドラパーンヘッダーのロー・オ・ザー・リが立ちはだかる。
巨大化したロー・オ・ザー・リに、4人はゴセイアルティメットで応戦。さらに、データスハイパーも駆けつけ、ロー・オ・ザー・リを撃破する。一方、レッドは、フラフラになり、変身解除しながらもゴセイナイトと戦っていた。アラタは、ゴセイナイトを満たすダーク・ゴセイパワーをすべて使い切らせるため、戦い続けているのだ。
そしてアラタの渾身の一撃がゴセイナイトを倒す。さらに、空っぽになったゴセイナイトの体をアラタのゴセイパワーが満たし、ゴセイナイトは元に戻る。しかし、これもブラジラの計画通りだった。ゴセイナイトは囮(おとり)で、ロー・オ・ザー・リこそが三本目の楔だったのだ。ついにブラジラは“ネガー・エンド”の儀式を始める。