2010/12/19放送
epic44「究極の最終決戦」
マトリンティスとの最終決戦! ゴセイナイトの思いを受け取ったゴセイジャーは、ロボゴーグに突撃する。5人の猛攻撃に圧倒されたロボゴーグは、ブレドRUN(ラン)に突撃命令を。ところが、メタルA(アリス)が、ブレドRUNに代わって突撃し、自爆。ゴセイジャーを巻き添えに大爆発する。ゴセイジャーは、仲間を捨て駒に使うロボゴーグが許せない。
そんな5人に、ロボゴーグは、ある科学者のことを話し始める。かつて、マトリンティス帝国には、永遠に滅びぬ身体を手に入れた天才科学者がいた。しかし、当時の人類は彼を求めようとせず、遠ざけた。そんな中、地殻変動が起き、人類は、手のひらを返したように、科学者に救いの手を求めたと言う。その科学者こそがロボゴーグの元の姿だった。
ロボゴーグの攻撃にもひるまず、立ち向かうゴセイジャー。そして、ついにロボゴーグを爆破する。ところが、ロボゴーグは巨大化。5人はゴセイアルティメットで応戦するが、パワーアップしたロボゴークに苦戦。そこに、データスハイパー、スカイックブラザー、ランディックブラザー、シーイックブラザーが駆けつけ、ロボゴークを追い詰める。
ところが、ロボゴーグは自爆により、大陸ごと爆破するという最終手段に出てしまう。そこに、危機を感じ取ったゴセイナイトが駆けつける。ゴセイグランド、ゴセイアルティメット、データスハイパー勢ぞろいで、ついにロボゴーグを撃破。しかし、ロボゴーグは、まだ滅びていなかった。身体の一部さえあれば、何度でも復活することができるのだ。
ロボゴーグは、ブレドRUNに復活のための救済セル発動を命じる。ところが、ブレドRUNは、それを破壊。ブレドRUNは、メタルAの裏切りにより記憶を取り戻し、ロボゴーグを倒す機会をうかがっていたのだ。ロボゴーグだけでなく、メタルAをも破壊したブレドRUNは、ゴセイジャーに「次に遭う時を楽しみにしているがいい」と言い残し、姿を消したのだった。