2010/11/14放送
epic39「エピック・ゼロ」
望の宿題の “未来の履歴書”を見たエリたちは、子どもの頃に夢みた職業のことを思い出す。エリは子どもたちのお世話をする先生に、ハイドは自然や生き物の研究者に、アグリとモネは世の中を正しく導くような仕事につきたかったらしい。そんな中、街にビービが出現。駆けつけたレッドとピンクがビービを倒すが、再びビービが立ち上がる。
これは、時間を10秒巻き戻す能力を持つタイマーのバクトフージER(イーアール)の仕業だった。ゴセイジャーとゴセイナイトが応戦するが、バクトフージERに何度も時間を巻き戻され、攻撃が通じない。そこにメタルA(アリス)が出現。さらに、倒したはずのブレドランまで現れる。マトリンティスにより、サイボーグのブレドRUNとしてよみがえったのだ。
記憶を消去されたブレドRUNは、これまでのことは全て忘れ、ロボゴーグに忠誠を誓っていた。ゴセイジャーはブレドRUNを攻撃するが、バクトフージERが巨大化して立ちはだかる。そこで、ゴセイアルティメットとゴセイグランドで応戦。しかし、戦いの中、ゴセイアルティメット、バクトフージER、ブレドRUNの攻撃がぶつかり合い、大爆発が起きてしまう。
衝撃波に吹っ飛ばされたゴセイジャーは、バクトフージERが消えていることに気付く。ところがアラタの姿もない。バクトフージERと相打ちしてしまったのか!? アラタの安否を心配するエリたちの前に、ブレドRUNが立ちはだかる。その頃、アラタは、公園で目を覚ます。そこで望に会うが、なぜか望はアラタのことを知らないようだ。
さらに、天の塔が存在し、アラタの腕にはデレプタにつけられた傷がない。どうやら、アラタは、ゴセイジャーが地上にやってきたばかりの過去に飛ばされてしまっているようだ。天の塔が破壊される前に護れるかもしれないと考えたアラタは、その時間のアグリたちと連絡をとることに。