2010/10/31放送
epic37「エキサイト・モネ」
街で配布していた、つけるだけでキレイになれる“ダイエットメーター”をもらったモネ。早速、腕にはめてみたところ、なぜか取れなくなってしまう。そんな中、マトリンティス反応が。ゴセイジャーが駆けつけると、そこには石灰化した人間が。さらに、驚く5人の目の前で、ダイエットメーターを着けたおじさんが石灰化してしまう。
実はこれはアドボルテG(ジー)の仕業だった。配布していたメーターは、怒りや苛立ちを計る“バイタルメーター”で、怒りレベルが限界を超えるとガスが噴き出し、人間を石灰化してしまうものなのだ。ゴセイジャーが応戦しようとするが、モネのメーターが反応し始めたため、一旦退散することに。
戦いは仲間に任せ、研究所でおとなしく待つことになったモネ。望とデータスとともに、音楽を聴きながらリラックスしたり…。ところが、退屈が一番嫌いなモネにとっては苦痛以外のなにものでもない。しかし、そんな中、天知博士のひどいネタを見たモネは何かをつかむ。
苦戦するゴセイジャーの元に駆けつけたイエローは、何事にも動じず応戦。イエローは、すべてを受け流す術“究極の悟り”を学んだのだ。いつもとは違う落ち着いた戦いで、アドボルテGの攻撃をかわずイエロー。しかし、戦いの中、アドボルテGの挑発にのり心を乱してしまい、メーターからガスが噴出し始める。
それでもイエローはアドボルテGを攻撃。アドボルテGは爆破し、石灰化した人々のメーターも外れて元に戻る。巨大化したアドボルテGには、ゴセイアルティメットとゴセイグランドで応戦。必殺技“アルティメットストライク”により撃破する。天知博士の全てがどうでもよくなる虚無的ギャグが、地球の平和を護ったのだった。