2010/10/17放送
epic35「パーフェクトリーダーを探せ!」
ゴセイジャーは、晩ご飯のメニューで意見が割れ、なかなかまとまらない。そんな中、街にマトリンティスが出現。マッハのズテルS(エス)がビービを使って人々を連れさろうとしていた。人類を閉じ込める収容施設を作るために働かせようとしているのだ。ゴセイジャーが応戦するが、統率力に優れたズテルSの作戦にはかなわず、人々を連れ去られてしまう。
研究所に戻った5人は、ズテルSに、ゴセイジャーにはリーダーがいないから弱いと言われたことが気になっていた。そこで、冷静なハイドをゴセイジャーのリーダーにすることに。マトリンティスの収容施設作業現場に潜入した5人は、ハイドの指示に従って、人々を助けることに成功。しかし、慎重すぎるハイドの作戦では、なかなか先に進めない。
業を煮やしたアグリは、ハイドの作戦を無視して強行突破。自分がリーダーでは勢いに欠けると考えたハイドは、アグリにリーダーを託すことに。アグリの作戦に従って突き進む5人は、捕らえられていた天知博士と出会う。博士に正体がバレそうになったところを、予想外の行動でごまかすエリ。それを見たアグリはエリにリーダーを託す。
そこに、ズテルSが出現。作戦が立てられないエリは、モネにリーダーを譲るが、やっぱりうまく戦えない。そこでアラタは、リーダーなど関係なく、いつも通り戦うことを提案。ゴセイジャーは、バツグンのチームワークでズテルSを爆破する。しかし、ズテルSは巨大化。そこで、ゴセイジャーはスカイックゴセイグレートで応戦する。
しかし、空中戦を得意とするズテルSにはかなわない。そこでレッドは、ゴセイアルティメットを召喚し、勢い任せにゴセイグレートと合体。アルティメットゴセイグレートとなり、ズテルSを撃破する。リーダーなどいなくても、とっさの判断で動けるくらいゴセイジャーのチームワークはバツグン。この心の絆こそが、ゴセイジャーの強さなのだ。