2010/09/26放送
epic32「究極の奇跡を起こせ!」
ついに膜インを倒したアラタたちは、望の誕生日パーティーの準備に大はりきり。そんな中、都庁にかぶさったエルレイの匣(はこ)を発見する。早くも筋グゴンが何か仕掛けてきたようだ。ゴセイジャーが駆けつけると、そこには筋グゴンと、都庁に浮かび上がった膜インの姿が。膜インは爆発したと見せかけて、エルレイの匣の力でさらに強くなったのだ。
前の戦いで膜インたちが戦わなかったのは、ゴセイジャーのゴセイパワーを利用するための作戦だった。膜インは都庁から地底に粘菌ネットワークを広げて、最後は自分自身が地球そのものになろうとしているのだ。膜インの目的を知ったゴセイジャーは、筋グゴンをゴセイナイトに任せ、膜インが取り込んだ都庁の中に潜入することに。
しかし、都庁の中には、膜インの力とエルレイの匣が融合した謎の亜空間・幽魔ホールが出来つつあった。ブラックホールのような幽魔ホールに入れば、戻ってこられなくなる可能性もある。それでもゴセイジャーは、地球と全ての命を護るため、幽魔ホールに足を踏み入れる。そしてついに5人は、膜インの心臓の部屋にたどり着く。
ゴセイジャーは膜インに立ち向かおうとするが、膜インの血管に締め上げられ身動きができない。それでも絶対に諦めない5人は渾身の力で血管を切断し、合体技で膜インを撃破。ゴセイナイトも筋グゴンを爆破する。ところが、幽魔ホールが収縮を始めてしまう。このままではゴセイジャーは脱出できないどころか、ホールと一緒に消滅してしまう。
そこでマスターヘッドは自らのゴセイパワー全てを注いで天の塔の礎を送り出し、ゴセイアルティメットを誕生させる。ゴセイアルティメットは、圧倒的な強さでエルレイの匣と巨大化した筋グゴンを撃破。ついに幽魔獣を倒したのだ。しかし、マスターヘッドも天の塔も消え、ゴセイジャーは孤立無援となってしまったのだった。