2010/09/19放送
epic31「ネバーギブアップ!ゴセイジャー」
明日は望の誕生日。それを知ったアラタたちはパーティーをしようと盛り上がる。そんな中、幽魔獣反応が。膜インたちが、エルレイの匣(はこ)のパワーで強化した粘菌を街にばら撒いているのだ。人々の悲鳴や絶望を養分に成長する粘菌を全世界に広め、地球をぶよぶよに腐った毒の星にしてしまおうと企んでいるのだ。
膜インたちの計画を知り、衝撃を受けるゴセイジャー。そこに、ゴセイナイトが現れる。ゴセイナイトは、各地に広がった粘菌を、すでに食い止めてくれていたのだ。計画を邪魔されて怒った膜インたちは、ゴセイジャーの技を真似した“幽魔ダイナミック”で攻撃を。戦いの中、5人をかばったゴセイナイトが強力な攻撃を受けてしまう。
ゴセイナイトがフリーズドライにより食い止めた粘菌も、動きを止めただけでまだ死んではいなかった。そんな中、降り出した雨により再び粘菌が活動し始め、地球が腐り始めてしまう。ゴセイジャーは、風と水の天装術を使い、粘菌をフリーズドライして食い止める。しかし、そこに膜インたちが出現。再び “幽魔ダイナミック”で攻撃を仕掛けてくる。
すると、イエローとブラックが身を呈してこの技の弱点を見切り、技を封じることに成功。そして本家の“ミラクルゴセイダイナミック”で膜インたちを吹っ飛ばす。しかし、膜インは巨大化。膜インのぶよぶよの身体には、ゴセイグレート、ランディックゴセイグレート、スカイックゴセイグレート全ての攻撃がきかない。
さらに膜インは、「地球を汚しているのは人間だ」と、5人の心を惑わせる。それでも人間を信じるゴセイジャーは、絶対に諦めない。そして、ゴセイナイトの助言によりミスティックゴセイグレートで膜インを乾燥させ、グランドゴセイグレートで膜インを撃破する。街から粘菌も消えアラタたちもひと段落。しかし、筋グゴンが何かを企んでいるようで…