2010/09/12放送
epic30「ロマンティック・エリ」
今夜は、地球の平和を祈る護星界の伝統的なお祭り“護星祭”。日本の七夕のようなお祭りで、イクスパンドリームカードに夢を書き込んで叶うことを祈るのだ。祭りで祈る夢は1人1つだが、たくさん夢のあるエリは次々とカードに夢を書き込んでいる。そんな中、夢を食べてしまう獏のエルムガイ夢が出現。
エルレイの匣(はこ)の力でパワーアップし、人が希望を持って願う夢までも食べることができるようになったエルムガイ夢は、人の夢見る魂を次々と食べてしまう。魂を食べられた人は、絶望の根を生やし、地球を腐らせてしまうのだ。駆けつけたゴセイジャーとゴセイナイトが応戦するが、戦いの中でエリは夢を食べられてしまう。
倒れたエリの体からは絶望の根が。ゴセイナイトが根を切ろうとした時、エリの根が消える。エルムガイ夢の胃袋の中で、エリの魂が新しい夢を見つけたからだった。そこでアラタは、根のことはエリに任せ、エルムガイ夢を倒しに行くことに。一方、夢など信じないゴセイナイトは地球を守るため根を切ろうとするが、根はすぐに再生してしまう。
ゴセイジャーは、エリのイクスパンドリームカードを使ってエルムガイ夢をおびき出し、応戦。その頃、エリは、夢見る魂を食べられてしまった人々に夢を語りかけ続けていた。すると人々は夢見ることを思い出し、エルムガイ夢の胃袋の中から解放される。夢は自分で諦めない限り、何度でも蘇るのだ。
エリはスーパーゴセイピンクに変身し、夢の持つ力を知ったゴセイナイトとともにエルムガイ夢を爆破。巨大化したエルムガイ夢には、スカイックゴセイグレートとゴセイグランドで応戦し、撃破する。そして迎えた護星祭。エリは、「夢などない」というゴセイナイトにも、楽しい夢が見つかるようにと祈るのだった。