2010/08/15放送
epic26「護星天使、爆笑!」
お笑いライブを見に来たゴセイジャーは、芸人の披露するネタに大爆笑。ところが、ハイドは面白さが分からないと、全く笑わない。さらに、漫才はお互いの力を引き出しあい笑いを誘うもの、などと分析を始めてしまう。そこに、笑いを吸い込む天狗のヒッ斗が出現。大爆笑していたモネが、会場の人々とともに、ヒッ斗のひょうたんに吸い込まれてしまう。
ゴセイジャーが応戦するが、ヒッ斗の旋風攻撃に歯が立たず、逃がしてしまう。その後、別のお笑いライブにヒッ斗が出現。ゴセイジャーは、笑いに耐性のあるブルーとゴセイナイトを中心にして戦うことに。ところが、2人は意思疎通が全くできず、連携がとれない。苦戦する中で、ピンクとブラックまでひょうたんに吸い込まれてしまう。
さらに、ブルーの戦いぶりに失望したゴセイナイトは、やはり一人で戦うと去っていってしまう。残されたアラタとハイドは、笑いに釣られてやってくるヒッ斗をおびき出すため、お互いを笑わせることに。すると、どんなギャグにも笑わなかったハイドが、オヤジギャグに大爆笑。その笑いに釣られて、ヒッ斗がやってくる。
ところが、戦いの中でヒッ斗のオナラに笑ってしまったレッドがひょうたんに吸い込まれてしまう。ヒッ斗の旋風攻撃になすすべがないブルーとゴセイナイト。そんな中、ブルーがある作戦を思いつく。2人の漫才のようなやり取りでヒッ斗を笑わせ、ヒッ斗もひょうたんの餌食にしてしまおうというのだ。作戦は成功し、吸い込まれた人々は無事解放される。
5人そろったゴセイジャーは、スーパーゴセイジャーに変身。ゴセイナイトとの連携攻撃でヒッ斗を爆破する。しかし、ヒッ斗は巨大化。そこでゴセイジャーは、シーイックゴセイグレートの水攻撃でヒッ斗の旋風を封じ、ゴセイグランドがとどめを。ハイドとゴセイナイトのナイスコンビネーションで、見事、ヒッ斗を撃破したのだった。