2010/08/08放送
epic25「ノスタルジック・モネ」
ゴセイジャーがパワーアップしたことで、幽魔獣が何か仕掛けてくるに違いないと対策を練るアラタたち。しかし、モネは、強くなったことに慢心していた。真剣なアグリたちに相手にされず散歩に出かけたモネは、自分を呼ぶ声を耳にする。声の方向に進むと、そこにはモネのママの姿が。ママは、誰にも知らせず、一緒に護星界へ帰ろうとモネを誘う。
そんな中、街に幽魔獣の幹部・膜インが出現。駆けつけたゴセイジャーは、スーパーゴセイジャーとなり、ゴセイナイトともに応戦。しかし、ママと会っていたモネは遅れてきたためアグリに責められる。ママとの約束を守るため、アグリにも本当のことを言えないモネはひとり悩んでいた。そんなモネに、アグリは厳しい言葉を。
護星界に帰ると決心したモネは、ママの元へ。しかし、モネは、「自分の使命を果たしたい」「護星天使として一人前になることでママに喜んでもらいたい」という本心を打ち明け、護星界に帰ることを拒む。そんなモネを見て、ママが豹変。モネのママに化けていたのは、金色の粉で人の心を惑わす幽魔獣・妖精のサラワレテ居だったのだ。
モネを連れ去る作戦が失敗に終わったサラワレテ居は、本当の姿を現す。そこに駆けつけたスーパーゴセイジャーとゴセイナイトが、圧倒的な強さでサラワレテ居を爆破。しかし、サラワレテ居は巨大化してしまう。そこで、ゴセイジャーたちはグランドゴセイグレートで応戦。ところが、サラワレテ居は、金の粉を振りまきデータスハイパーに姿を変える。
仲間の姿になったサラワレテ居を前に、ゴセイジャーは攻撃をちゅうちょしてしまう。そこで、ブルーが、天装術“カモミラージュ”により、サラワレテ居をビービの姿に。そしてグランドゴセイグレートがサラワレテ居を撃破。自分の意志で使命を果たすことを選んだモネは「今度ママに会う時は、力だけではなく心も成長してから」と誓うのだった。