2010/07/25放送
epic23「燃えろ!ゴセイジャー」
サマーセールで当たったチケットで、天知親子、エリ、モネの4人は海辺で行われる花火大会へ。海に着いた4人は、さっそく浜辺で場所取りをすることに。すると、昼間なのに花火が打ちあがり、それと同時に人々が我慢できないほど暑くなってしまう。実は、花火に見えたものは幽魔獣・スカイフィッシュのザイ粉の仕業だった。
ザイ粉は火の粉を降り注いで町を暑くし、人々にエアコンをガンガンかけさせて地球を温暖化しようとしているのだ。エリとモネは戦おうとするが、ザイ粉の火の粉を浴びたため暑さに耐えられない。そこに駆けつけたブルーたちにより、ザイ粉の弱点が水であることが判明。しかし、ブルーは、怒ったザイ粉の直接攻撃を受け、汗だくで倒れてしまう。
このまま町は温暖化してしまうか!? …と思われたが、この町は温暖化対策に取り組んでいたため、町民たちは涼を取る知恵をたくさん知っていた。町の人たちから学んだハイドは、ハッカ風呂、体温を下げてくれるスイカなどの夏野菜で暑さを和らげることに。そんな中、海水浴中のエリとモネが、ザイ粉にさらわれてしまう。
ハイドはすぐに駆けつけようとするが、再び暑さで倒れてしまう。しかし、水に弱いザイ粉を倒すためには水の天装術しかない。そこでハイドは、アラタとアグリに協力を頼み、体を冷やしながらザイ粉の元へ。3人は変身して戦おうとするが、ハイドは暑さに耐えられず変身解除してしまう。それでも決して諦めない3人の熱い戦いによりザイ粉を撃破。
しかし、ザイ粉は巨大化してしまう。そこでゴセイジャーは、駆けつけたゴセイナイトとともにグランドゴセイグレートで応戦。暑さにはデータスハイパーが起こす風により対抗し、ザイ粉を爆破する。地球を護った5人は、みんなで花火大会に。ところが、ハイドは体を冷やしすぎて風邪をひいてしまったのだった。