2010/06/13放送
epic18「地球を浄める宿命の騎士」
突如、現れた幽魔獣。マスターヘッドによると、およそ1万年前、地球を毒の星に変えようとした幽魔獣は、当時のゴセイジャーにより“エルレイの匣(はこ)”に封印されたが、何かの原因により封印が解かれてしまったらしい。一方、ゴセイナイトの正体は、幽魔獣との戦いで行方不明になったグランディオンヘッダーが超進化したものだと判明する。
そんな中、ゴセイナイトが工場に押し入り暴れているというニュースが入る。ゴセイナイトは、地球を汚す液体を垂れ流す工場を破壊しようとしていたのだ。ゴセイジャーが駆けつけ止めようとするが、ゴセイナイトは5人を攻撃。地球から力を与えられ進化したゴセイナイトは、地球の浄化作用そのもの。地球を汚染するものを消滅しようとしているのだ。
その頃、テレビに異変が起きていた。幽魔獣・ミイラのゼイ腐の企みにより、テレビの画面から飛び出した包帯が、人をぐるぐる巻きのミイラにしてしまうのだ。ゴセイジャーがテレビ局に駆けつけると、そこには彗星のブレドランの真の姿、チュパカブラの武レドランが! 武レドランは、ウォースターを利用していただけだったのだ。
武レドランの放ったビービと戦うゴセイジャーのもとに、グランディオンヘッダーが飛来。地球を汚染する放送を続けるテレビ局ごと破壊しようとする。そこでゴセイジャーは、ゴセイナイトに人々を助け出すまで待ってくれと頼む。ゴセイナイトが与えた猶予は5分。テレビ局に潜入したゴセイジャーは、ゼイ腐をゴセイナイトのもとにおびき出す。
ゼイ腐が地球汚染の犯人だと認識したゴセイナイトは、ナイティックパワーでゼイ腐を爆破。ゼイ腐は巨大化するが、すでに地球をミイラ化する力はなくなったと判断したゴセイナイトは、戦わず去ろうとする。そこでゴセイジャーは、ハイパーゴセイグレートでゼイ腐を撃破。しかし、ゴセイナイトに5人の護りたいものは理解できないようだった。