ニュース

あらすじ

エクスパンダ星の平和を取り戻すため、
“ハートプラズマ”
探す旅に出発した『ゴーちゃん。』
地球の富士の樹海にたどり着いた
『ゴーちゃん。』は、祖父とともに牧場で暮らす
女の子・モコ、そして人間の言葉を話す
不思議な動物・ちんじゅうみん
出会い、そこで楽しい日々を過ごしていた。

そんなある日、ひとりの女性が牧場に現れる。
都会に住むモコの祖母と暮らすよう迫る女性。
祖父と離れなくてはいけないことで、
モコの心は揺れ動く。
幼いモコの心の傷を知った『ゴーちゃん。』は、
彼女のために何か出来ることはないか
考えるが…?

 一方、ちんじゅうみんが住む森では
不穏な光とともに不思議な現象が起こる。
珍しいちんじゅうみんに目を付けた
人間たちが捕獲ロケットを手に森に
侵入したのだ。

『ゴーちゃん。』は人間たちを相手に仲間を守ることができるのか?そして地球にやって来た目的である“ハートプラズマ”を見つけることはできるのか?

キャラクター

  • 茅野愛衣

    「劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(本間芽衣子 役)など

    モコ役 茅野愛衣

    ゴーちゃん。はテレビでも見たことがあるキャラクターだったので、是非モコちゃんの役をやらせていただけたらいいなぁと思いながらオーディションに臨んだことを覚えています。こうしてゴーちゃん。とご一緒できて、本当に嬉しく思っています。

    すでにテレビで見ていたキャラクターと一緒にお仕事をするというのは、そんなにあることではないので、こうして5周年という節目にアニメで新しく登場するキャラクターをやらせていただけるというのはとてもありがたく、アフレコではそれを存分に楽しみながら演じました。

    モコちゃんはまだ子どもなのですが、少し大人びたハキハキとした女の子。思い立ったら行動する子どもなりの芯の強さと、人のことを思いやれる優しさを見せられたらと思っています。

    素敵なキャストさんたちの中で楽しく演じていますので、その楽しさが画面を通してみなさんに届くといいなと思います。ゴーちゃん。とその仲間たちの魅力をいっぱい知っていただけたら嬉しいです!

  • 梶裕貴

    「進撃の巨人」(エレン・イェーガー 役)
    「妖怪ウォッチ 」(フユニャン役)
    「七つの大罪」(メリオダス 役) など

    キンちゃん役 梶裕貴

    ゴーちゃん。というキャラクターはもちろん知っていたので「そうか、ゴーちゃん。が劇場版アニメになるのか!」と驚きましたし、そんな作品に重要なキャラクターとして参加させていただけて嬉しいなと思いました。

    役どころを伺ってみると“ちんじゅうみん”というすごく可愛らしいキャラクターだったので、どんな風に演じようかと色々と考えました。結果的に、監督さんからの演出や他の役者さんの声を聞いて、楽しみながらお芝居することが出来ました。

    僕が演じさせていただいたキンちゃんは、ゴーちゃん。と行動を共にするちんじゅうみんの中で一番にぎやかでテンションの高い役。彼のエネルギーがこの作品の印象にも大きく関わってくると思ったので、とにかく元気に、僕の中の無邪気な部分を前面に出すことを意識して演じさせていただきました。キンちゃんはとてもユニークで魅力的なキャラクターですよ!

    本作は、ゴーちゃん。というキャラクターにとって記念すべき素敵なタイトルになったのではないかと思います。物語はとても普遍的なテーマを描いていますので、小さいお子さんから大人の方まで、温かい気持ちで御覧いただけるのではないでしょうか。それぞれのキャラクターの個性に注目して、ぜひ御覧ください。よろしくお願いします。

  • 島﨑信長

    「君の名は。」(藤井司 役)
    「Free! 」シリーズ(七瀬遙 役) など

    カモさん役 島﨑信長

    ゴーちゃん。という由緒あるキャラクターがついに劇場版アニメーションになる!ということで、本当に気合いと愛と情熱がこもった作品だなと感じています。

    僕はその中で“カモさん”というとっても面白いキャラクターを演じさせていただきました。台本と資料をいただいたときに「あれ、カモさんは男性なのに女性の言葉使いをしているぞ…?」と気づきました。そして「どうやら手にマニキュアもしているようだ」と。果たしてカモさんはメスなのか? オスなのか? とても悩みながらアフレコを迎えました(笑)。いろいろなパターンを想定して臨んだのですが、冒頭で監督から「中間である」ということが告げられ…。「振り切って演じてほしい」というお言葉をいただいたので、思い切ってグレーゾーンのキャラクターをやらせていただきました(笑)!

    登場人物には小さな女の子からおじいちゃん、おばあちゃんまで幅広い世代が出てきますので、ご家族のいろいろな視点で楽しめるのではないかと思います。

    ゴーちゃん。をはじめ、ちんじゅうみんもとてもかわいらしく、コミカルですし、モコちゃんも幼いのにとても前向きで元気な子なので、エネルギーをもらえる作品になっています!

  • 杉田智和

    「銀魂」( 坂田銀時 役)
    「ジョジョの奇妙な冒険 第2部」( ジョセフ・ジョースター 役)
    「涼宮ハルヒの憂鬱」(キョン 役) など

    タマリン長老役 杉田智和

    最初“ゴーちゃん。のアニメ”だということだけ聞いていたので、固くて大きなキャラクターを想像していました。ですので、自分の役(タマリン長老)を見たときは二度見するくらい驚きました。しかし長老の思いをしっかりと芝居に込められたと思いますので、是非楽しみにしてください。アフレコはちんじゅう達のチームワークが光る現場になっていました。みなさんに永く愛される作品になれば幸いです。

エンディングテーマ曲

虹はかかるから

植田 真梨恵(作詞・作曲・歌)

ゴーちゃん。がてくてく歩いて、涙のあとにも前向きに歩いていけるようにと思いながら作りました。
歩いて歩いてたどり着く先に、ひろい宇宙があるかもしれません。そんな宇宙の遠い先から、てくてく歩いていくゴーちゃん。を、ゴーちゃん。自身が眺めているような不思議な時間軸の中で、いつでも自分の味方でいられるような、ふりかえれば笑ってしまえるような、そんな一曲であればいいなと思っています。いつでも前向きでひたむきに歩くゴーちゃん。に、ほがらかな勇気をもらえると思います。

【楽曲配信決定!】 1月25日(水)よりテレ朝サウンドにて配信開始! 1月25日(水)よりテレ朝サウンドにて配信開始!

関連情報

  • 放送・配信スケジュール

    日程 時間 放送局
    3月5日(日) 午後1時30分〜

    CSテレ朝チャンネル1

    (長編アニメ公開記念 声優トークショー)

    午後2時~

    CSテレ朝チャンネル1

    (ゴーちゃん。~モコとちんじゅうの森の仲間たち~)

    3月18日(土) よる7時〜 AbemaTV「家族アニメチャンネル」
    5月4日(木・祝日) あさ4時~

    テレビ朝日

    ※一部地域を除く

    詳細はゴーちゃん。公式サイトでご確認ください。

  • オリジナルグッズ情報

    オリジナルグッズの販売と「なめらかプリン」でおなじみの”Pastel(パステル)”とのコラボプリンが決定!

    詳細はゴーちゃん。公式サイトでご確認ください。

  • 無料プレミアム上映会を開催!

    『ゴーちゃん。~モコとちんじゅうの森の仲間たち~』無料プレミアム上映会の開催が決定しました!『ゴーちゃん。』や豪華声優陣が登場する完全無料招待制のイベントです。

    ゴーちゃん。アンバサダーとは?

    ゴーちゃん。や、劇場版アニメ「ゴーちゃん。~モコとちんじゅうの森の仲間たち~」をたくさんの方に知っていただけるように応援をしていくみなさまの総称です。

    ゴーちゃん。への熱い応援を、お待ちしています!

    無料プレミアム上映会のご応募・ご参加ありがとうございました。

    2017年1月29日に行われた上映会のレポートはコチラからご覧ください。

スタッフ

  • 脚本真保 裕一

    「ホワイトアウト」「連鎖」

  • 監督やすみ 哲夫

    「まんが日本昔ばなし」「あたしンち」「はなかっぱ」

  • 制作 シンエイ動画企画協力 サンリオ
  • 製作・著作 テレビ朝日
声の出演
  • ゴーちゃん。/ゴーちゃん。(テレビ朝日 マスコットキャラクター)

  • モコちゃん/ 茅野愛衣

  • タマリン長老/杉田智和
  • キンちゃん/梶裕貴
  • カモさん/島﨑 信長
  • モッフン/こやつタイム
  • チベさん/本間智恵
  • 王様/長克巳
  • おじいさん/佐藤正治
  • おばあさん/谷育子
  • 秘書/かかずゆみ
  • モコのお父さん/坪井直樹
  • モコのお母さん/ 萩野志保子
  • アナウンサー/久保田直子
スタッフ
  • 原案・製作統括/早河洋

  • エグゼクティブプロデューサー/川島保男

  • プロデューサー/横井勝
  • 増子相二郎
  • 藤沢晴信

  • アシスタントプロデューサー/早船健一郎
  • 平畑涼珠子
  • 小川歩美
  • 清水智晴

  • 演出/平井峰太郎
  • 絵コンテ/やすみ哲夫
  • キャラクターデザイン・作画監督/荒牧園美
  • 美術監督/西田稔
  • 録音監督/大熊昭
  • 撮影監督/坪内弘樹

  • テレビ朝日 マスコットキャラクター推進プロジェクトチーム