Mission22「美しきアバター エスケイプ」7/22(日)

あるビルに「エネトロンを頂戴する」というメールが届いた。それとなく警戒にあたるため、ヒロムとヨーコはビルで開催中のイベント「脱出ゲーム」に潜り込む。そんな中、メールは小学生・ショウタによるイタズラだと判明。自分はゴーバスターズと知り合いだとウソをついたショウタは、友達の前でゴーバスターズを呼び出すためメールを送ったのだ。
ところが、そこにメタロイド“キーロイド”が出現。ビルの扉をすべてロックして人々を閉じ込めてしまう。さらに、マジェスティが新しく作ったアバター・エスケイプが現れる。しかし、ここで迂闊に戦いを始めたら、人々の逃げ場がない。そこでヒロムは、戦いを避けるため、エスケイプに土下座をして助けを請うことに。
ヒロムの計画通りゴーバスターズに興味を失ったエスケイプは、バグラーたちを引き連れビルを出る。その間にゴーバスターズは人々を避難させることに。ヒロムの行動は人々を助けるためだったと知ったショウタは、みんなにスゴイと言わせるためにイタズラをしてしまったことを反省。友達にも、ウソをついたことを謝るのだった。
人々を全員避難させたゴーバスターズは、ヴァグラスに応戦。メタロイドに立ち向かうブルーとビートとスタッグは、バグラーを盾にしてメタロイドのロック攻撃を回避。3人の連携攻撃で、メタロイドを撃破する。一方、レッドとイエローは、エスケイプに応戦。攻防どちらも優れたエスケイプに苦戦を強いられる。
そんな中、メガゾード“キーゾード”が転送されてくる。メガゾードは、エスケイプの合図で疑似亜空間を作り出す。ゴーバスターズは、対亜空間用のグレートゴーバスターで応戦。しかし、メガゾードにロックされ、動けなくなってしまう。そこでホバーにより上昇し、上空からメガゾードに体当たり。ついにメガゾードを撃破したのだった。