918回 4/29 

競泳・幌村尚「人間離れ!バタフライロボに松岡修造が迫る!」

“男子200mバタフライ”
アテネ五輪以降、メダルを獲得し続けている日本の“お家芸”に
期待の新星が現れた。

幌村尚、19歳。

今月行われた日本選手権で瀬戸大也、坂井聖人といった
世界屈指の実力者を置き去りにし、優勝。
この夏、東京で行われるパンパシ水泳の代表の座を掴んだ。

幌村の最大の武器は「抵抗の少ない泳ぎ」。

同種目のメダリスト・松田丈志は、
「バタフライを速く泳ぐロボットを作るならこうなる」と
その泳ぎを絶賛する。

人間離れした幌村の泳ぎとは??
パンパシ水泳でメインキャスターを務める松岡修造が迫る!

スタッフ

北海道日本ハムファイターズ 近藤健介 〜日本人初の“打率4割”に挑む男の打撃の真髄〜

日本プロ野球が始まって以来、
誰一人達成できていない記録がある。

“打率4割”

達成不可能とも言われる大記録に
今、最も近いと呼ばれている男がいる。

北海道日本ハムファイターズ 近藤健介

去年、ケガによる離脱により規定打席に到達できなかったものの
“打率4割1分3厘”と4割越えを達成。

今年、快挙に挑む男が辿り着いた
打撃の境地に迫る。

スタッフ

「パナソニックパンサーズ〜天国の先輩へ届け〜」

バレーボール、Vプレミアリーグ、日本一をかけた最後の戦い。
それは同時に、パナソニックパンサーズというチームにとって、 
忘れられない試合だった。

「本当に今シーズン色んな事が起きて」
「うまくいくことばかりじゃなくて、色んな困難たくさん起きて」

今シーズン、常にチームの戦いを見守り続けてきた「18」番のユニホーム。

「一緒に戦おうという僕らの決意もあった」

亡きチームメイトに誓った“優勝”の二文字。

背中を押されるように、始まった快進撃。

そしてチームを襲った、最悪の事態。

予期せぬ運命に翻弄されながらも、
それを乗り越えようと奮闘したチームを追った!!

スタッフ

パルクール ZEN

今月、のべ8万6000人が訪れた、アーバンスポーツの祭典FISE広島。
大会の花形ともいえる、BMXフリースタイル・パーク、スケートボード、ボルダリングといった東京五輪新種目の傍らで、観客の視線を釘づけにしているニュースポーツがあった。
それは、『パルクール』
パルクールは、自分の体身一つで、走る・跳ぶ・登るなどの動作を素早く移動しながら行う、フランス発祥のスポーツと言われ、2024年パリ五輪新種目としての採用を目指しているという。
中でも注目を浴びていた選手が、ZEN(ゼン)24歳。
15歳で出会った無名のカルチャー・パルクールに魅了されたZEN。パフォーマーからアスリートへ、そして、パルクールに対する熱き思いに迫る。

スタッフ