ガイムガイド

  • guide001
  • 沢芽市(ざわめし)

    紘汰らが生活する新興都市。ユグドラシル・コーポレーションの計画的開発によって急速に発展した。しかし、ユグドラシルの開発とは名ばかり。沢芽市がヘルヘイムの森の入口=クラックがどこよりも多く発生する街であることから、研究拠点を置くことが目的だった。経済発展の裏側で、呉島貴虎戦極凌馬らを中心にヘルヘイムの研究、人類生き残りのミッションを秘かに進めていた。

  • guide002
  • ビートライダーズ

    沢芽市で路上ダンスに熱中していた紘汰ら若者たちのこと。ダンスのタイプによっていくつかのチームに分かれ、ダンスを披露するステージを獲得するため、インベスゲームで勝負していた。現在はチームを解消、力を合わせ沢芽市を脅かす敵と戦っている。

  • guide003
  • インベス

    ヘルヘイムの森に生息する生物。かつてはビートライダーズのゲームの駒のような存在だったが、実はヘルヘイムの森に生息する果実を口にした生き物の成れの果てであることが判明。果実をさらに食べることで初級インベスから動物インベスへと進化、より凶暴化する。

  • guide004
  • ヘルヘイムの森

    沢芽市とクラックを通して行き来できる異次元の世界。かつてオーバーロードらが生息した文明社会を侵略した。自生する植物の繁殖力はすさまじく、現在はクラックから沢芽市に侵攻。人類世界をのみこもうとしている。

  • guide005
  • ユグドラシル・コーポレーション

    沢芽市を実験都市として支配してきた一大企業。しかし、早くからヘルヘイムの森の存在を察知し、沢芽市で人類救済の策を構築することを目的に活動する。森でも人類が生き抜くことが出来る戦極ドライバーを開発したのも、その対策の一つ。

  • guide018
  • スカラーシステム

    ユグドラシル・コーポレーションが本社ビル、タワーの屋上に設置した、沢芽市破壊システム。インベスやクラック、ヘルヘイムの森などの事実が漏えいした時点で発動。街ごと破壊し、真実を封印する予定だった。しかし、計画を事前に知ることになった紘汰鎧武(ガイム)によって破壊されてしまう。

  • guide019
  • プロジェクトアーク

    ユグドラシル・コーポレーションが密かに進めていた人類救済計画。戦極凌馬が開発した戦極ドライバーでヘルヘイムの森による侵略から人類を救うというものだが、戦極ドライバー量産化の限界により世界人口のうち10億人にしか戦極ドライバーが行き渡らないことが判明。まさに“ノアの方舟(アーク)”のような計画であることから、その名がついたらしい。

  • guide006
  • オーバーロード

    ヘルヘイムの森に住むインベスの中でも知恵も力もある高等な生物。ユグドラシルの戦極凌馬によっていち早く発見された。オーバーロードは人間たちによる呼称で、彼らは自らの種族をフェムシンムと呼んでいる。彼らの進んだ文明はヘルヘイムの森に侵略され朽ち果てたが、ヘルヘイムの“知恵の実”を手に入れたオーバーロードの王ロシュオにより、種族としての絶滅はかろうじて回避した。

  • guide007
  • 知恵の実

    別名“黄金の果実”。手に入れた者は、世界征服も可能なほどの絶大な力を手にすることが出来ると言われている。現時点でオーバーロードの王ロシュオが所持しているが、同じオーバーロードのレデュエ、強さを追い求める戒斗らが狙っている。

  • guide008
  • 森の果実

    ヘルヘイムの森に生息する果実。人間には魅惑的な食物に見えるため、思わず口にしてしまうが、食べた瞬間インベスに変貌してしまう。過去にはチーム鎧武(ガイム)の裕也、チームレイドワイルドの初瀬もこの果実を食べて犠牲となった。

  • guide009
  • 戦極ドライバー

    ユグドラシルの戦極凌馬が開発した変身ベルト。ドライバーを装着し、ヘルヘイムの森の果実を手にすると、果実はロックシードに変換。そのロックシードをドライバーに装填することで栄養が補給できることを目的に開発された。これによりヘルヘイムの森に世界が侵食されても人類は生き延びることが出来るようになったが、生産数は10億人分に限られていた。ちなみに鎧武(ガイム)に変身するときの「花道オンステージ」や、バロンの「ナイト・オブ・スピアー」などの音声は凌馬が開発したもの。

  • guide010
  • ゲネシスドライバー

    エナジーロックシードを装填し、斬月・真マリカデュークなど新世代ライダーに変身するベルト。戦極ドライバーロックシードで変身するアーマードライダーよりも数段上回るパワーを持つ。戦極ドライバーの量産化というユグドラシルでの任務を終えた凌馬が、自らの野望達成のために独自に開発した。ちなみに戒斗が所持するゲネシスドライバーは、耀子戦極凌馬の了解を得て与えたもの。

  • guide011
  • ロックシード

    ヘルヘイムの森の果実から作られた錠前。解錠することでクラックを開き、ヘルヘイムの森からインベスを呼び出したり、戦極ドライバーに装填しアーマードライダーに変身するなど、クラスによってその力も変わってくる。すべては戦極凌馬の研究によって生み出されたが、カチドキロックシードサガラがフルーツから生成したり、極ロックシードは“知恵の実”の欠片(かけら)から生成されるなど、特殊な例もある。

  • guide012
  • ドルーパーズ

    沢芽市にあるフルーツパーラー。阪東清治郎がマスターを務めており、紘汰らビートライダーズの憩いの場所になっている。マスターの阪東は、ビートライダーズの良き理解者として慕われている。

  • guide013
  • イヨちゃん

    ドルーパーズの女性アルバイト。マスターの阪東の呼び名で本名は不詳。すぐに休憩に入るなど、阪東を困らせていたが、店で暴れるブラーボに果敢に立ち向かうなど強烈な存在感を発揮する。現在は紘汰がアルバイトとして働いているが、イヨちゃんは他の沢芽市民とともに避難したらしい?

  • guide014
  • 黒影部隊

    戦極凌馬によって開発された量産型戦極ドライバーによって、アーマードライダー黒影に変身したユグドラシルの戦闘部隊。ダンデライナーチューリップホッパーといった戦闘車輌を駆使し、インベスと戦う。ただし、ユグドラシルが崩壊した今、部隊も機能を失った模様。

  • guide015
  • シャルモン

    凰蓮・ピエール・アルフォンゾがパティシエを務める沢芽市の洋菓子店。凰蓮がパリで修業した超一流のパティシエであることから、紘汰の姉・など沢芽市の女性を中心に人気が高い。オーバーロードに街を乗っ取られた今、店は休業中か?

  • guide016
  • クラック

    沢芽市とヘルヘイムの森をつなぐ空間の裂け目。ジッパーが開くように突然、街の中に出現。インベスが侵入する原因となる危険な入口でもある。

  • guide017
  • 錠前ディーラー

    ビートライダーズにインベスゲームに必要なロックシード(錠前)をさばいていたディーラー。しかし、真の目的は、戦極凌馬が開発した戦極ドライバーロックシードの実験をビートライダーズを使って行うことだった。ユグドラシルの一員だったシドが、言葉巧みにロックシードやドライバーを若者たちの間で流通させた。