STORY

第41話「部・活・崩・壊」

 十二使徒、ホロスコープスのスイッチも残り2個となった。野望達成を前に我望(鶴見辰吾)は改めてヴァルゴ=江本(山崎一)への信頼を口にするが、自らサジタリウス・ゾディアーツに変身。江本や速水(天野浩成)、立神(横山敏一)に力を誇示する。

 友子(志保)を探す弦太朗(福士蒼汰)らライダー部へタチバナからの連絡が入った。友子はホロスコープスによってダークネビュラに送られた可能性が高いという。さらにこれからはライダー部のメンバー、一人一人がターゲットになると予告。フォーゼとメテオ、スイッチ開発者の賢吾(高橋龍輝)以外は戦いから手を引いた方がいいと忠告する。
 しかし、ライダー部の絆の力がなければ、フォーゼはコズミックステイツにチェンジできない。弦太朗らはあくまで全員で戦うと意を強くするが、タチバナは友情は危険だという。そんなタチバナの言葉に弦太朗は憤慨するのだが…。

 タチバナの予言どおり、隼(冨森ジャスティン)、JK(土屋シオン)、美羽(坂田梨香子)、そしてユウキ(清水富美加)が次々とヴァルゴに狙われた。フォーゼとメテオはヴァルゴに立ち向かうが、その強大な力になす術もない。
 そして、美羽、隼、JK、そしてユウキはライダー部から去って行ってしまう。残ったのは弦太朗、流星(吉沢亮)、賢吾の3人だけ。図らずもタチバナの言葉通りになってしまい、言葉もない3人。
 そんなラビットハッチにタチバナ本人が乗り込んできた。コズミックステイツにチェンジ出来なくなったフォーゼに特訓をしよう、と提案するタチバナだが…。

 そのタチバナの特訓とは…。なんとタチバナが手にした壺を奪い取れ、という簡単なもの。弦太朗はフォーゼに変身、メテオの妨害とタチバナの攻撃をかわしながらも懸命にタチバナの壺を狙う。
 様々なワナを仕掛け、M-BUSからも攻撃、さらにはパワーダイザーまで駆使してフォーゼを苦しめるタチバナ。フォーゼはロケットステイツにチェンジ。逃げるタチバナをようやく捕まえるが、肝心の壺はなんとメテオの手に。
「注力が足りないよ、如月君」。
 勝ち誇るタチバナにフォーゼは負けを認めざるを得ない。

 が、賢吾は突如、「特訓は中止だ」と3人の間に割って入る。賢吾はツナゲットのデータを確認。タチバナの正体が、実はヴァルゴ・ゾディアーツであることを見破ってしまう。負けを認めたタチバナはヴァルゴに変身。その正体を明らかにする。
「タチバナさん…、あんた、敵だったのか!?」。
 自らに力を与え、信頼してきたメテオはショックを隠せない。

 なぜ、俺をメテオにした?友子を返せ!
 メテオはメテオストームにチェンジ。ヴァルゴに襲いかかる。そこへリブラが現れ、ヴァルゴの助太刀を。しかし、怒りが頂点に達したメテオストームはお構いなしにヴァルゴに襲いかかる。
 が、ヴァルゴは巧みにメテオストームの攻撃をかわすと、あっという間にメテオストームをダークネビュラへと送ってしまった。
 なす術もなくダークネビュラの暗黒へと飲み込まれてしまったメテオストーム。
「メテオー!」。
 悲痛な叫び声もむなしく、盟友を失ってしまったフォーゼ。これからの戦いはどうなってしまうのか…!?

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
脚本:中島かずき
監督:山口恭平
アクション監督:宮崎剛
(ジャパンアクションエンタープライズ)