STORY

第32話「超・宇・宙・剣」

 二郎(横浜流星)を救うため、とフォーゼを倒したメテオ。メテオストームの強烈な一撃に変身を解除、弦太朗(福士蒼汰)は命を奪われてしまった。
 弦太朗を亡き者にしたメテオの正体が流星(吉沢亮)とわかり、賢吾(高橋龍輝)の怒りが爆発。「俺は絶対にお前を許さない」と流星につかみかかるが、その賢吾もライダー部のメンバーもアリエスによって再び眠りへと落ちそうになる。

 そのときマシン・メテオスターがアリエスに砲撃。と、同時にタチバナから賢吾に弦太朗を連れて逃げろ、という通信が入る。眠気をこらえながら弦太朗を抱え上げた賢吾は、パワーダイザー・ビークルモードで逃走に成功する。
 一人裏切り者となった流星。メテオに変身する力も取り上げられてしまい、苦い思いをかみしめながらも「二郎が助かるならそれでいい」と自らを納得させる。

 ユウキ(清水富美加)らライダー部のメンバーは山田(川原一馬)から脚本を渡され、山田に逆らった芽以(夏居瑠奈)らを処刑する役を与えられる。こんな残酷な役など演じられない!堂々と山田に反旗を翻すが、現れたダスタードに動きを封じられると、逆に処刑される役に回されてしまう。

 一方、賢吾はラビットハッチで弦太朗の蘇生を試みるが、一向にうまくいかない。
 どうすれば…。
 頭を抱える賢吾のもとに、再びタチバナから連絡が入った。弦太朗に「最後の宇宙の力」を与えられるのは賢吾しかいないというタチバナ。その意味するものとは…。

 山田のアリエスの力を借りて二郎を目覚めさせることに成功した流星。さっそくゾディアーツスイッチをオフにさせ、邪気を払うことにも成功する。これであとは人間の医学で二郎を治療するだけ。が、肉体そのものが回復せず、二郎は再び苦しみ始める。
 二郎が回復しなければ、なぜ自分は弦太朗を倒したのか…。
 思い悩む流星は、そのとき自分の心に気づく。自分は弦太朗と友達になりたいと思っていた、そんな自分の本心を裏切っていた…。
「如月―っ!」。
 雨の中、流星の悲痛な叫びが響き渡る。

 タチバナにヒントを与えられた賢吾は、ハッチの外壁に父・歌星緑郎が残したメッセージを見つける。
「最後に不可能を越えるのは人間同士の絆…」。
 その言葉に賢吾は…!?

 山田の芝居がいよいよ本番を迎えた。はりつけにされたユウキたちを処刑する役は、昴星高校の芽以たち。が、芽以らにも処刑などする気持ちはない。怒った山田がアリエスに変身、杖を振り上げたその時、なんと流星が現れた。
 すべてを失った流星は弦太朗が守りたかったものだけでも守る、と言うとライダー部や芽以らに「逃げろ」というと、一人、素手でダスタードに立ち向かっていく。
 しかし、怒ったアリエスの敵ではなく…。

 賢吾は40番目のスイッチ、コズミック・スイッチを使って弦太朗を蘇生させることに成功。2人はがっちりと手を組むと、ライダー部のメンバー、流星救出へと向かう。

 ライダー部の仲間を守ろうとボロボロになりながらも必死でアリエス、ダスタードに立ち向かっていく流星。倒れかけたその体を復活した弦太朗が支えた。
 詫びるという流星を笑顔で許した弦太朗は、流星とついに友達のシルシを交わすと、怒りの矛先をアリエスへ。
 弦太朗はフォーゼに変身。そしてコズミック・スイッチでフォーゼ・コズミックステイツへとチェンジする。
 40すべてのスイッチのパワーを備えたコズミックステイツの前では、アリエス・ゾディアーツももはや敵ではなかった。
 さまざまな合体攻撃でアリエスを圧倒したコズミックステイツは、宇宙空間でとどめを刺す。強烈な一撃についにアリエスは撃破されてしまった。

 二郎は持ち直し、流星も再びメテオに変身する資格を取り戻した。ただし、敵に対しては流星がメテオであることは秘密にしておく必要があるらしい。
 ライダー部のメンバーは秘密を守ることを誓うが、そこへ一番口が軽そうな顧問・大杉先生(田中卓志)が現れて…。

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
脚本:三条陸
監督:坂本浩一
アクション監督:宮崎剛
(ジャパンアクションエンタープライズ)