STORY

第19話「鋼・竜・無・双」

 賢吾(高橋龍輝)とユウキ(清水富美加)がラビットハッチへとやってくると、なんとフォーゼが新しいスイッチのテストを行っていた。いつもの賢吾の席には流星(吉沢亮)が…。穏やかでない賢吾だが、弦太朗(福士蒼汰)によると、流星の心の中身をもっと見たい、と思い、スイッチの調整をやらせたのだという。あっという間にいくつかのスイッチを調整してしまった、と部員も感心。そんな雰囲気に賢吾もぐっと怒りを呑み込む。
 が、30番と31番のスイッチを調整していると聞き、表情が一変する。
「マグネット、NとS。これだけはよすんだ」。
 強引に調整ケースを切ってしまう賢吾を周囲は唖然と見守るだけだ。

 しかし、そんな賢吾をよそに弦太朗はマグネットスイッチを使うと意気軒昂。流星が調整を終えたというのだが、賢吾は「絶対にうまくいかない」と激しく反対する。もみあいとなり、途端に息を切らす賢吾。どうしてもいうことを聞かない弦太朗にぶちキレると、「君とは絶交だ!」と宣言して去ってしまう。

 速水校長(天野浩成)から、「フォーゼとメテオ、二人の仮面ライダーを撃滅せよ」という指令を受けたドラゴン・ゾディアーツが出現した。賢吾らが見守る中、弦太朗はフォーゼに変身。しかし、繰り出すパンチをものともしないどころか、エレキステイツの攻撃すらドラゴンは自らのパワーに代えて反撃する。
「ファイヤーです」。
 賢吾ではなく流星の指示でチェンジするフォーゼだが、ファイヤーステイツの火炎攻撃も通用しない。まるで全身が鋼鉄のようだ…。そんなユウキの言葉にヒントを得た流星はマグネットの指示を。賢吾は必死で止めるのだが、フォーゼは2つのスイッチを装填。しかし、両腕が磁石のようにくっついてしまい、周囲の金属製のものまで吸い寄せ、まったく動きがとれなくなってしまう。
 無様に自滅するフォーゼを余裕で置き去りにしていくドラゴン。パワーダイザーの力を借りてスイッチを切り、なんとか危機を脱するのだが…。

 それ見たことか、と言わんばかりに部室では口も聞かない賢吾。それでもマグネットスイッチがNSマグフォンとなり、2つに割れてドライバーに刺さるところまでは分析が終了していることがわかった。さすがは賢吾、さっそくマグフォンを作ろうとするのだが、手を出そうとする流星に再び怒りが爆発する。そんな賢吾を説得する弦太朗。ついに賢吾は「仮面ライダー部」をやめると言い捨て出て行ってしまう。

 一人、荒れる賢吾の心を慰めるように、陸上部の留美(加藤侑紀)がやってきた。スランプに陥った留美に、賢吾が何気なくアドバイスすると、途端にスピードが蘇った。砲丸や槍も指導してほしいという留美だが、部外者の助言は禁止と部長の野本(安藤龍)から釘を刺されている。それなら陸上部に入部して、と言われ、一瞬「ライダー部」を思い浮かべる賢吾だったが、そんな思いを打ち消すように入部を承諾する。

 留美のコーチとなった賢吾だったが、そこへ再びドラゴン・ゾディアーツが現れた。どうやら賢吾をメテオと思っているらしい。
 一方、美羽(坂田梨香子)からの連絡を受けた弦太朗はフォーゼに変身して現場へ。チェーンアレイなどで攻撃するが、やはりまったく歯が立たない。
 見かねた流星は皆から離れ、メテオに変身。が、さすがのメテオもドラゴンのパワーに苦戦する。
「何か新作ないのか?」。
 そんなメテオの言葉にフォーゼはマグフォンを取り出す。
「まだ早い。実験もせずにいきなり使うのは危険だ!」。
 賢吾の言葉を振り払うように「賢吾と仲直りするためにも絶対に成功させる」とマグフォンに力を込めるフォーゼ。しかし、2つに割ってドライバーに刺すはずが、マグフォンはびくともしない。なぜ、割れない!? 激しく動揺するフォーゼ、そしてメテオ。
 やがてマグフォンは磁力が暴走したかのようにフォーゼの手から上空へと飛び出し、消えてしまった。
「如月!自業自得だぁ!」。
 賢吾の怒りの言葉がフォーゼの胸を貫いた…。

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
脚本:三条陸
監督:石田秀範
アクション監督:宮崎剛
(ジャパンアクションエンタープライズ)