STORY

第18話「弦・流・対・決」

 リンクス・ゾディアーツも黄道十二星座のゾディアーツ、アリエス・ゾディアーツになる可能性を秘めている。リンクスが進化するまで手を出すことは許さない。
 強力になったリンクスを見逃せというメテオの態度が許せないフォーゼ。果敢にメテオに立ち向かうが、メテオのスピーディーな攻撃に圧倒されるばかり。友子(志保)が割って入り、なんとかその場は収まったものの、メテオは「俺はお前たちの味方じゃない。敵だ」と言い捨てて去っていく。

 メテオの変身を解除した流星(吉沢亮)は、いまだ意識の戻らない二郎(横浜流星)を見守りながらつぶやく。
「待っていろよ、二郎。俺が必ずお前を救う」。

「仮面ライダー部」のメンバーがラビットハッチでメテオの噂話などしていると、そこへ流星が現れた。唖然とする一同を前に流星は、「仮面ライダー部」に入れて欲しいという。弦太朗(福士蒼汰)ら「ライダー部」の活動の一部始終を見てしまったという流星。ならば仕方ない、と全員が入部を許可しようとするが、なんと弦太朗だけが反対する。愛想はいいけど、本当の笑顔を見たことがない。つまり本心がわからないヤツとは戦えない、というのが弦太朗の思いだった。

 おとなしく引き下がった流星だったが、一人になると怒りを爆発させる。軌道衛星M-BUSのタチバナと連絡をとり状況を報告する流星。二郎を助けるため、アリエスを探し出す。そのためにも「仮面ライダー部」への潜入が必要、と改めて「ライダー部」への接近を誓う。

 リンクスが校内に大量のダスタードを放った。たちまち校内は大混乱。弦太朗はリンクスを見つけるとフォーゼに変身。超高速で逃げるリンクスをホイールで猛追し、追いつめるとエレキステイツにチェンジ。リミットブレイクし、ライダー電光ドリルキックでリンクスを粉砕する。飛んできたゾディアーツ・スイッチをオフ、すべてが完了と安堵するフォーゼ。
 その様子を見ていた流星の怒りが爆発した。これでリンクスがアリエスに進化する可能性が失われてしまった。ということは二郎も…。変身を解除した弦太朗に近づいた流星は、今まで見せたことのない勢いで弦太朗を殴りつける。

 怒りのあまりに初めて本心を表してしまった流星。「しまった」と後悔するが、逆に弦太朗は「お前の本気が見えたから俺はうれしい」と初めて流星を受け入れる。そして、メテオの強烈なパンチが本物で「こいつとならきっとダチになれる」と思ったということも…。流星はそんな弦太朗に小さな驚きを感じる。

 そんな2人の前にホロスコープスのリブラと復活したスコーピオンが現れた。リンクスを失ったことで怒りをみなぎらせている。弦太朗は流星を逃がすとフォーゼに変身するが、1対2という不利な状況にたちまち追いつめられてしまう。

 いったん戦いの場から離れた流星だったが、苦境に立たされたフォーゼを目の当たりにし自らもメテオに変身。スコーピオンを相手に必殺技を連続させ、ついには撃破する。
 そんなメテオの勢いに乗ったフォーゼもリブラを圧倒するが、あと一歩のところで逃げられると、リブラはスコーピオンから変身を解除した園田先生(虎南有香)を抱えて去っていく。が、弦太朗らにはスコーピオンの正体が最後までわからず…。

 またしてもライダーに敗れ去ったスコーピオンこと園田先生。我望理事長(鶴見辰吾)の怒りをかい、ヴァルゴ・ゾディアーツによって暗黒のダークネビュラへと送られてしまう。その様子にさすがの速水校長(天野浩成)も震撼して…。

 本心が見えたことで弦太朗も流星の「ライダー部」入部を快諾。
「がんばります」と屈託のない笑顔を見せる流星だったが、誰にも見えないように不敵な笑みを浮かべる。
「…とりあえずは『仮面ライダー部』には潜入成功か。いろいろ利用させてもらうぜ」。

  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
脚本:中島かずき
監督:諸田敏
アクション監督:宮崎剛
(ジャパンアクションエンタープライズ)