STORY

第8話「鉄・騎・連・携」

 隼(冨森ジャスティン)に邪魔されながらも態勢を立て直し、シザースでハウンド・ゾディアーツに攻撃を仕掛けるフォーゼ。しかし、突如現れたスコーピオン・ゾディアーツの攻撃にひるんだすきに逃げられてしまう。

 教室に戻った弦太朗(福士蒼汰)は隼に怒りをぶつけようとするが、弦太朗に隼、そして賢吾(高橋龍輝)、ユウキ(清水富美加)は補習をさぼった罰として佐竹(神保悟志)からグラウンド整備を命じられる。優等生とひいきされていた隼も弦太朗と行動をともにしたことで佐竹の怒りをかってしまったらしい。

 グラウンドを整備しながら「なんでライダー部の邪魔をした?」と隼に文句を言う弦太朗。が、隼は「怪物退治の部活など認めない」と頭っからライダー部を否定する。アメフト部の三浦がゾディアーツになったことに反省すらしない隼に弦太朗の怒りが爆発。またも2人はグラウンドで取っ組み合いを始めてしまう。

 またもハウンドが街中に現れた。弦太朗はフォーゼに変身。果敢に攻撃を仕掛けるが、パワーアップしたハウンドには通用しない。さらにスコーピオンも現れ、フォーゼは窮地に追い込まれる。しかし、間一髪現れたパワーダイザーにより、なんとか危機を脱出。逆にとどめを刺そうとするが、今回も逃げられてしまった。
「すまねえ、賢吾」と詫びるフォーゼだったが、実はパワーダイザーを操っていたのは美羽(坂田梨香子)。やはりか弱い女性にパワーダイザーはかなりの負担に。美羽はパワーダイザーから出ると、そのまま気を失ってしまう。そんな美羽の必死の姿に隼はショックを受けて…。

「美羽が、誰かのためにあんなに懸命になるのなんか見たことない…」。
 新たなクイーンの玲子(橘ゆりか)と付き合い始めたにもかかわらず、すぐに別れを告げられ落ち込んでしまう隼。弦太朗はそんな隼の気持ちを理解しようと、自らアメフトの防具を身に着け形から隼に近づこうとする。
 そして、隼に対してズバリ、クォーターバックのくせに指揮官には見えない、と言い放つ。

 そんな弦太朗の言葉に隼の張りつめた気持ちが切れてしまった。すべて父の言いなりになってきた隼。試合の作戦も父の教え。今回補習を受けさせられたのも、そんな作戦を批判され、思わず部員に手を挙げたことが原因だった。
 つまらないと思いながらも父の教えを守り続けた隼。楽しそうに活動する「ライダー部」がうらやましかったのだ。

 涙ながらの隼の告白に弦太朗ももらい泣き。ついに隼とわかり合えた、と思ったところへ佐竹が登場。ついに試験が行われるが、JK(ジェイク)(土屋シオン)の調べでハウンドに変身するヤンキー風の少年が佐竹の息子・輝彦(佐藤流司)であることが判明する。輝彦は学校では優等生の仮面優等生。私生活ではヤンキー趣味で父・佐竹を困らせていたらしい。その佐竹に反抗する輝彦は、ラストワンとなったスイッチを押してしまった。

 佐竹に輝彦を取り戻すと約束した弦太朗は教室を飛び出すとフォーゼに変身。しかし、さらに強力になったハウンドとスコーピオンの攻撃に追いつめられる。そんなフォーゼを前に賢吾はパワーダイザーに乗り込もうとするが、なんと隼がその役をかって出る。
 隼はアメフトで鍛えたパワーでダイザーをみごとに操縦。スコーピオンを抑えつけると、その間にフォーゼはライダー電光ドリルキックでハウンドにとどめを刺す。
 隼のパワーダイザーとみごとな連携を見せたフォーゼ。2人は友達の握手を交わす。
 そして、隼はダイザーで父が寄贈したブロンズ像を破壊。父の呪縛から自らを解き放つ。

 美羽と仲良く月に立つ隼。ライダー部への入部が認められ、さらに部は強力に。補習も無事に突破した弦太朗は、隼の入部を大歓迎。ユウキ、JKと「仮面ライダー部は充実だ!」と雄叫びをあげるが、例によって賢吾は「そんな部はない!」と怒りモードになって…。


  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
脚本:三条陸
監督:柴崎貴行
アクション監督:宮崎剛
(ジャパンアクションエンタープライズ)