STORY

第3話「女・王・選・挙」

 ラビットハッチ。賢吾(高橋龍輝)はフォーゼのアストロスイッチを戦闘で使えるように調整。そのうちの一つ、ナンバー9のホッピング・スイッチを試すことに。弦太朗(福士蒼汰)はフォーゼに変身し、さっそく試してみるが、まったく使いこなすことができず…。

 フラフラになった弦太朗とユウキ(清水富美加)が学校へ戻ると、なにやら美羽(坂田梨香子)のまわりで生徒たちが大騒ぎしている。ユウキによると、毎年恒例のクイーンフェス開催が近づいているという。パフォーマンスとスピーチで学校一の女子生徒を決定するというクイーンフェス。が、ここ2年は美羽が連覇。今年の優勝も美羽で決まったも同然らしい。

 ファンの生徒たちが差しだす手紙やプレゼントを自ら受け取らず、取り巻きのサイドキックスの珠恵(吉川まりあ)、ジュン(藤嵜亜莉沙)に任せている美羽に「ちゃんと自分の手で受け取れ」と注意する弦太朗。さっそく2人は対立するが、弦太朗は美羽がクイーンに選ばれなかったら自分と友達になれ、と賭けを。条件を呑んだ美羽は、自分がクイーンになったら弦太朗は転校、という厳しい条件を突きつける。

 負けるわけにはいかない弦太朗は不良グループに紹介してもらった学校一の情報屋JK(ジェイク)(土屋シオン)の協力で、美羽の対抗馬を探すことに。
 1年生の美少女に白羽の矢を立てた2人はクイーンフェスに参加するよう必死で説得するが、突然目に見えない不思議な力に襲われる。
「クイーンフェスには出るな」。
 見えない力は黒板にそんな文字を…。
 弦太朗はJKの目の前でフォーゼに変身。姿を現したカメレオン・ゾディアーツに立ち向かう。が、そこに見慣れないもう一体のゾディアーツが。そのゾディアーツはカメレオンを逃がすと、フォーゼの相手を。

 教室の外で戦うフォーゼだが、謎のゾディアーツはフォーゼを上回る力で一方的に攻撃を仕掛ける。苦戦するフォーゼはホッピング・スイッチを使うが、とんでもないところへと飛んでいってしまい…。

 結局、対抗馬のクイーンフェス参加交渉は失敗。弦太朗はユウキにクイーンフェスに出場するよう交渉する。いやがるユウキだが、そこへ賢吾も説得に参加。賢吾としてはカメレオン・ゾディアーツがクイーンフェスに出場する誰を狙っているのかを突き止める狙いがあるらしい。これも仮面ライダー部の仕事、と説得する弦太朗らに、ぜったいに嫌だと言い張るユウキだったが…。

 一方、美羽はクイーンフェスを前に自信満々。サイドキックスを前に生徒たちがくれたプレゼントや手紙でさえ、ポイポイ捨ててしまうほどの女王様ぶりを発揮する。

 そして、クイーンフェス当日。ユウキははやぶさ君のパフォーマンスを披露するが、全校生徒から大ブーイング。代わって舞台に上がった美羽はサイドキックスと完璧なダンスを披露する。会場は大興奮、と思われたその時、またも見えない力がサイドキックスの球恵を襲った。弦太朗はフォーゼに変身、逃げるカメレオン・ゾディアーツを追い、なんと使いこなせるようになったホッピングで華麗な攻撃を披露する。そして、ドリルキックをお見舞いしたが、逃げられてしまい…。

 そのころ、ようやく落ち着きを取り戻したクイーンフェスの会場では美羽らが再びダンスを披露しようとしていた。しかし、そのとき大型モニターに手紙やプレゼントをゴミのように捨てる美羽の映像が…。会場の雰囲気は一変、たちまち美羽は全校生徒の敵となってしまう。
「ちょ、ちょっと待って、これは…」。
 追い詰められた美羽の姿を見たフォーゼは驚きを隠せず…。


  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
  • 写真
脚本:中島かずき
監督:坂本浩一
アクション監督:宮崎剛
(ジャパンアクションエンタープライズ)