ネクストEVニオNEXTEV NIO
イギリス

中国モータースポーツ界の第一人者リュウ・ユとスティーブン・ルーが率いるチーム。1stシーズン途中でチーム名をチャイナ レーシングからネクストEV TCRに変更した。またドライバーのネルソン・ピケJr.が初王者となった。2ndシーズンは中国のEVテクノロジー会社、ネクストEVのパワートレインを搭載。後方が重い扱いのクルマとなり年間を通じつらいレースシーズンとなってしまった。3rdシーズンからチーム名が変更になりネクストEVニオになり国籍もイギリスに変わった。
15/16年シーズン・チーム順位:9位(19ポイント)
14/15年シーズン・チーム順位:4位(152ポイント)

16/17年シーズン・マシン:ネクストEV TCR フォーミュラE 002
15/16年シーズン・マシン:ネクストEV TCR フォーミュラE 001、ツインモーター(1ギア)

ドライバー

  • ネルソン・ピケJr.Nelson Piquet
    生年月日:1985年7月25日
    出身地:ドイツ・ハイデルベルグ生まれ(ブラジル国籍)
    趣味:音楽、フィットネス
    15/16年シーズン:全戦参戦。総合順位15位(8ポイント)。レース最高順位8位。
    14/15年シーズン:全戦参戦。総合順位1位(144ポイント)。レース最高順位1位。

    15/16年シーズン
    後方の重たいクルマの操作に苦戦し、タイトル防衛以前に「10位内に入ればいい方。」と成績は振るわず、更に2戦リタイアするなど、思い通りにはならないシーズンとなった。それでも第9戦のロンドン大会ではファステストを獲得し王者の意地を見せた。

    14/15年シーズン
    F1王者ネルソン・ピケの息子。1stシーズン序盤はリタイアなどもあったが、3戦目からトップグループの常連となる。かつて父がF1初勝利を挙げたロングビーチ(第6戦)で、悲願の初優勝。第9戦ロシア大会でも優勝。ロンドン大会ではセバスチャン・ブエミ、ルーカス・ディ・グラッシとのタイトル争いの末、2位のブエミと1点差でフォーミュラEの初年間王者になった。またファンブーストを最多の6度獲得し、ファンブースト賞を受賞。
  • オリバー・ターベイOliver Turvey
    生年月日:1987年4月1日
    出身地:イギリス・ペンリス
    趣味:フィットネス、サイクリング、ボードゲーム
    15/16年シーズン:全戦参戦。総合順位14位(11ポイント)。レース最高順位6位。
    14/15年シーズン:2戦参戦。レース最高順位9位。

    15/16年シーズン
    重たいクルマに苦戦しながらも入賞3度し、順位ではチームメイトのピケよりも少し速い順位でゴールするなど健闘。3rdシーズンも契約を継続することになり、参戦していたスーパーGTは参戦を辞め、フォーミュラEに集中する。

    14/15年シーズン
    ケンブリッジ大学卒の文武両道レーサー。スーパーGTにも参戦中。ロンドン大会(2戦)に初参戦ながら、いずれも9位という結果を出し、またチームメイトのピケJr.の優勝をアシストする走りで大きな印象を残した。