第6戦 パリ(フランス)

Round 6|2017年5月20日(土)

サーキット:Circuit des Invalides
場所:フランス、パリ
コース:約1.9Km、14コーナー、時計回り

2ndシーズンから新たに加わった大会開催地。パリ市中心に特設されるコースは、ナポレオンの棺が置かれている歴史的建造物の1つ、アンヴァリッド(旧軍病院)を周回するレイアウトで、最も景観の素晴らしいコースの1つと言われている。ピットレーンはマレシャル・ガリエニ通りに設置される。
FIAの本拠地は会場近くを流れるセーヌ川の対岸にあり、また選手権に参加しているメーカーや公式サプライヤー、フランス人ドライバーなど、多くの関係者にとってホームレースとなることからもパリ大会は注目されている。
トリッキーな中・高速コーナー、タイトなコーナー、と高速と低速のセットアップを管理しないとならないコース。2つの長いストレートはオーバーテイクのチャンスが。
2ndシーズンは、P2でスタートしたディ・グラッシがすぐにPPのバードを抜き、そのままトップをキープし勝利した。

■第6戦 フランス パリ大会

49周/94.1Km
結果 グリッド ドライバー チーム タイム差 最速ラップ 獲得ポイント
1 1 セバスチャン・ブエミ ルノー e.ダムス 59:41.125 1:03.197 28
2 3 ホセ・マリア・ロペス DSヴァージン レーシング +0.707 1:03.299 18
3 5 ニック・ハイドフェルド マヒンドラ レーシング +2.043 1:03.401 5
4 6 フェリックス・ローゼンクヴィスト マヒンドラ レーシング +2.621 1:03.461 12
5 9 ニコラス・プロスト ルノー e.ダムス +3.521 1:03.821 10
6 7 ロビン・フラインス アンドレッティ +7.999 1:03.847 8
7 11 ネルソン・ピケJr. ネクストEVニオ +32.420 1:03.772 6
8 15 トム・ディルマン ヴェンチュリー +32.929 1:04.066 4
9 8 ミッチ・エバンス パナソニック ジャガーレーシング +33.369 1:04.216 2
10 20 ステファン・サラザン ヴェンチュリー +34.051 1:03.907 1
11 4 エステバン・グティエレス テチーター +36.197 1:03.660 0
12 14 オリバー・ターベイ ネクストEVニオ +40.082 1:04.268 0
13 16 ダニエル・アプト ABTシェフラー アウディスポーツ 1 Lap 1:03.776 0
14 10 マイク・コンウェイ ファラデーフューチャー ドラゴン レーシング 1 Lap 1:03.146 0
15 19 アダム・キャロル パナソニック ジャガーレーシング 1 Lap 1:04.250 0
16 18 サム・バード DSヴァージン レーシング 2 Laps 1:02.422 1
17 13 ルーカス・ディ・グラッシ ABTシェフラー アウディスポーツ リタイア 1:02.446 0
18 12 ジェローム・ダンブロシオ ファラデーフューチャー ドラゴン レーシング リタイア 1:02.666 0
19 2 ジャン-エリック・ベルニュ テチーター リタイア 1:03.610 0
20 17 アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ アンドレッティ リタイア 1:04.689 0

ターベイ:今季2度目のモーター交換のため予選結果より10グリッド降格のペナルティ
グティエレス:フルコースイエロー時のスピードオーバーにより、5秒のタイムペナルティ
フラインス:フルコースイエロー時のスピードオーバーにより、5秒のタイムペナルティ
ターベイ:フルコースイエロー時車番25をオーバーテイク。5秒のタイムペナルティ