2018年1月25日放送

青森駅 (青森県)

りんごの駅前

2018年1月18日放送

太秦駅 (京都府)

映画の駅前

JR嵯峨野線 太秦駅

京都市右京区、JR嵯峨野線の太秦駅。京都駅から乗って約10分、「映画の街」への入口です。

今週の一句

映るものなべて光れり初鏡
まどか

映画の街・太秦

駅の近くには、映画会社の撮影所があり、その一部を公開している映画村は、時代劇の扮装を楽しむ観光客で賑わっています。もともとは竹林などが広がる静かな自然の地でしたが、人気俳優らが撮影所を開くと東京周辺から次々に撮影所が移ってきました。でも家庭へのテレビの普及が進むと、映画産業は力を失って閉鎖が続きます。それでも「映画の灯を消したくない」と、1975年に撮影所で働く人たちが「映画村」をつくりました。

映画人たちの心意気を支えた理容店

そんな映画人たちの心意気を支えた理容店があります。大映通り商店街にある「カットハウス・キューブガーデン」です。時代劇から仁侠映画まで俳優さんの髪型を手がけてきました。映画には、たくさんの人の思いが詰まっています。

映画ゆかりの神社

理容店の裏手には、映画ゆかりの三吉稲荷神社があります。日活撮影所が建設された際に竹林などが切り拓かれ、住みかを失ったキツネやタヌキを弔うために映画関係者によって創建されたそうです。境内には、日本映画の父・牧野省三の碑もあります。