放送内容

カブトくん

2018年8月11日放送

カブトくん

作 者:タダ サトシ 作
出版社:こぐま社

昆虫の大好きなこんちゃんは、冬のある日、森で特大のカブトムシの幼虫を見つけます。あまりに大きいので、持ち帰って、大事に庭で飼っていました。幼虫はどんどん大きくなって、7月には大きなサナギになり、夏の真っ盛りにはとうとう成虫になりました。大喜びのこんちゃんは、カブトムシに“カブトくん”と名付けました。こんちゃんとカブトくんはスイカを食べたり、公園で遊んだり、とっても仲良しになりますが、夜になると、カブトくんは…。カブトムシの習性が描かれていて、夏休みに親子で読みたい絵本です。

朗読:松田 洋治(アクトレインクラブ)

次回予告

にじ

2018年8月18日放送

にじ

作 者:さくらい じゅんじ 文 / いせ ひでこ 絵
出版社:福音館書店

雨がやみ、犬の散歩に出かけると、空に大きな虹が出ています。虹ってどうしてできるのかな?
あ、飛行機!飛行機から見たらどんなふうに見えるのかな?上から、下から、真横から見たら、どんな風に見えるんだろう。次の日、ぼくはお父さんとお姉ちゃんと公園に行くと、噴水にも虹が出ている! ぼくが動けば虹も動く!夏休みに行った海でも、山でも…虹を見たよ!
水彩画のような色彩の絵と詩的ながら、“ぼく”の無邪気な気持ちがいきいきと描かれています。
思わず空を仰いでみたくなる、夏の絵本です。 

朗読:かかず ゆみ(アトミックモンキー)