STORY 放送内容

2016年7月23日(土) よる9:00~11:06
「刑事一徹~命懸けで捜査に挑む“犯人より心配性な男”」

 丹下一徹(哀川翔)は、警視庁捜査一課八係の主任。周囲からは、やり手のデキる刑事と思われ一目置かれているが、実のところは極度の心配性。逮捕を恐れる犯人の心理が手に取るようにわかるため、人一倍推理が冴えているのだ。座右の銘は「念には念を入れよ」で、常に携帯しているリュックには捜査に必要なものはもちろん、着替えや非常食、懐中電灯などありとあらゆるものが詰め込まれている。

 交番勤務の警官・加藤信也(井俣太良)が刺殺され、拳銃が奪われる事件が起きた。犯人はもうひとりの交番警官・小野良一(螢雪次朗)を撃って逃走したが、一徹は冴えわたる推理で、素早く容疑者を確保! その日、八係に着任したばかりの女性刑事・音無ほのか(南野陽子)は、一徹の鋭さに目をみはる。
 まもなく捕らえた犯人は派遣労働者の木村彰男(山口翔悟)と判明するが、拳銃を所持しておらず、銃の行方については完全黙秘。木村は3年前に妻を事故で失って以来、孤独な人生を送っていたようだった。一徹は、残りの銃弾が4発も残っていることを心配。次の事件が起きる前に、一刻も早く拳銃を見つけ出さなければと動き出す。

 しかし、そんな丹下の心配は的中! 奪われた拳銃を使った強盗殺人が発生した。 被害者は信用金庫勤務の円山勝彦(菊地啓介)で、犯人は集金した600万円の現金を奪って逃走した。
 その直後、交番で撃たれ、軽傷を負って入院していたはずの警官・小野が、病室から姿を消した。不審に思った丹下とほのかは、小野が足しげく通っていたという焼き鳥店を訪問、家族の話題になった際の店員・池澤今日子(美保純)のそっけない反応が気になる。調べたところ、今日子の娘・桜(金澤美穂)がストーカー行為に悩み、自殺していたことが発覚。桜はストーカー問題について、小野に相談を持ち掛けていたらしかった。 

 そんな中、突如、木村が自供をはじめ、完全黙秘から一転、拳銃は公園の茂みに隠したと話し出す。上層部は木村が奪った拳銃を何者かが偶然発見し、それを使って強盗殺人に走ったと考えるが、一徹はストーカー事件との関連が気になって…。残りの銃弾は、あと3発。これ以上犠牲者を増やさないために一徹は執念の捜査を続けるが、行動を共にするうち、ほのかは一徹が心配性であることを見抜いてしまい…!?

  • 【脚本】安井国穂、末安正子
  • 【監督】伊藤寿浩
  • 【プロデューサー】関 拓也(テレビ朝日)、内丸摂子(東阪企画)
  • 【制作】テレビ朝日、東阪企画
【出演】 丹下一徹 哀川 翔
  音無ほのか 南野陽子
  吉川 豊 ラサール石井
  相良博人 篠井英介
  丹下和美 清水ミチコ
  池澤今日子 美保 純
  小野良一 螢雪次朗
  高野昭一 大高洋夫
  木村彰男 山口翔悟
  池澤 桜 金澤美穂 ほか