7月24日
「さすらいの女弁護士 山岸晶」
〜美人妻に美人秘書!
カリスマシェフに絡む女たちの悲しき運命!
豪邸火災に仕組まれた巨額の遺産をめぐる陰謀を暴け!

脚 本
松本美弥子
監 督
日比野朗
プロデューサー
深沢義啓(ABC)
安井一成(ABC)
志村彰(The icon)
高橋史典(The icon)
制 作
ABC
The icon

出演
山岸晶      南野陽子
水野透      賀集利樹
真島博之    長谷川初範
橘亮一      金山一彦
橘和哉      RIKIYA
佐々木芳江   映美くらら
橘美紗子    高橋ひとみ
黒沢       中尾彬
          ほか

山岸晶(南野陽子)は、エージェントの黒沢(中尾彬)の指令を受けて弁護士不足にあえぐ地方に出向いて仕事を遂行する、さすらいの出張弁護士。請け負った仕事には自分の流儀を貫き、敗訴すれば一切の報酬を受け取らないというポリシーの持ち主でもある。
黒沢から連絡を受け、甲府にやってきた晶と契約したのは山梨で弁護士事務所を営む真島博之(長谷川初範)だ。晶は、真島の事務所の若手弁護士・水野透(賀集利樹)とコンビを組むことになった。
弁護の依頼者は、新進気鋭のフードコーディネーター・橘美紗子(高橋ひとみ)。有名フレンチシェフ・橘雄一郎の妻で、夫が自宅で焼死したことから、橘グループの経営権と巨額の遺産を手に入れることになった人物だ。だが、雄一郎には3人の子供がおり、長男の亮一(金山一彦)は遺言書を盾に美紗子の相続に異議を唱えた。美紗子は晶に、遺言書がニセモノだと証明してほしいと訴える。遺言書のコピーを手に入れた晶は、拇印に残されたある特徴から、遺言書が偽造であることを見抜いた。その仕事ぶりに感心する美紗子。
そんな矢先、雄一郎の次男・和哉(RIKIYA)が殺されてしまう。和哉が滞在していたホテルのゴミ箱からは、「おまえが親父を殺したことは知っている」という脅し文句が書かれた便箋が見つかった。しかも、和哉の携帯には美紗子との通話履歴が。夫を殺害したのを目撃された美紗子が和哉によってゆすられていたのではないかとにらんだ警察は、美紗子を取り調べることに。
さらに、美紗子の隠された過去が明らかになる。20年前、彼女は親から受け継いだ洋食店を営んでいたが、火の不始末から起こった火事でコック見習いの少女を死なせる事件を起こしていたのだ。この事件がマスコミに報道され、美紗子への疑いはますます深まってしまう。警察も連続殺人事件として捜査本部を設置し、捜査に本腰を入れ始めた。それを知った真島は今回の弁護から手を引こうとするが、一度受けた依頼は責任を持ってやり遂げるのが自分の主義だという晶は、仕事を続けると言い放つ。そして、誰かが美紗子に罪をかぶせようとしたのではないかとにらみ、独自に調査を開始する。
しかし、そんな中、美紗子の事件で橘グループのブランドイメージを傷つけられたと、亮一らは美紗子の謹慎を主張する。雄一郎の秘書・佐々木芳江(映美くらら)が反発したものの、美紗子は謹慎を受け入れた。
美紗子の容疑を晴らすために調査を続けた晶は、橘の横浜店に隠された秘密を探り当てる。そこから見えてきたのは、連続殺人事件に潜む衝撃の真相だった!