5月22日
「越境捜査 警視庁VS神奈川県警、
エリアの死角に消えた連続殺人犯!」

原 作
笹本稜平
『‐挑発‐越境捜査2』(双葉社)
脚 本
櫻井武晴
監 督
村川 透
プロデューサー
関 拓也(テレビ朝日)
目黒正之(東映)

制 作
テレビ朝日
東映

出演
鷺沼友哉    柴田恭兵
宮野裕之    寺島 進
粂 今日子   伊藤裕子
三好 章     平泉 成
須崎和男    升 毅
深見亜津子   高野志穂
笹山壱太    田山涼成
飛田不二雄   東根作寿英
韮沢克文    夏八木 勲
          ほか

 鷺沼友哉(柴田恭兵)は、警視庁捜査一課協力係の刑事。協力係とは、いわば捜査一課の二軍で、人手が足りない捜査本部の応援や、未解決事件の継続捜査を行う部署だ。

 鷺沼は2年ぶりに、神奈川県警刑事・宮野裕之(寺島進)から呼び出された。宮野は悪徳刑事とのウワサの絶えない男。2年前、2人は警視庁と神奈川県警を巻き込んだ裏金事件の捜査で手を組んだのだが、その際も宮野は鷺沼の目を盗んで県警と裏取引をしていた。鷺沼にとってはどこか信用ならない男だった。

 その宮野が、とある殺人事件の再捜査を持ちかけてきた。それは7年前に大物国会議員の鹿沼が謎の死を遂げた事件で、未だ3つの謎が残されていた。事件が建設中の議員宿舎で起きた点。犯行現場に身元不明の指紋が2つ残されていた点。鹿沼の口座に謎の政治献金があった点。当時の捜査で、献金はバハマの銀行の“タナカ・ヒロキ”という偽名口座からと判明したが、それ以上のことは辿れぬまま、捜査本部は解散していた。
 ところが宮野によると、一昨日、横浜の大学で起きた傷害事件から、思わぬ容疑者が浮上したという。凶器から検出された指紋の中のひとつが、7年前の事件の遺留指紋と一致したのだ。その指紋の主は、研究室の卒業生で、現在“生体認証システムの革命児”として注目を集めるコンピューターソフト会社会長・飛田不二雄(東根作寿英)。奇しくもトビシスは、鹿沼事件以降に急成長を遂げていた。
 
 鷺沼はさっそくトビシスを訪ね、指紋が鹿沼殺害現場に残っていたことを追及する。平然とそれを受け流す飛田だったが、“タナカ・ヒロキ”という名前を聞いた瞬間に顔色が変わったのを、鷺沼は見逃さなかった。
 その直後、飛田の秘書・深見亜津子(高野志穂)が、鷺沼とすれ違いざまに、連絡先を記した紙片を渡すという謎の行動に出る。さらにその晩、鷺沼と密会した亜津子は、バハマの偽名口座は飛田のものだと告白する。
 事態が急に動き始めた一方、鷺沼には警察内部から得体の知れない圧力がかかる。捜査協力を頼んでいた公安部の須崎和男(升毅)から、捜査を中止するよう警告されたのだ。飛田は警察を動かすほど手ごわい男…鷺沼は憤りを隠せなかった。
 さらにその後、飛田が亜津子のマンションで遺体となって発見されるという事態が発生。そして亜津子は、さまざまな謎を抱えたまま姿を消してしまった!!