やすらぎの郷

番組情報

公式サイト

お得なパックで購入する

やすらぎの郷 放送おっかけ全話パック

  • 料金:980メダル

購入する

全話をまとめてご視聴いただけます。
※「放送おっかけ全話パック」配信終了日はテレ朝動画で最終回が配信された日から60日後となります。
※全話数は未定です。

>>詳しくはコチラ

単話

9

blank
  • yasuraginosato

遺産相続の煩雑さを知り『死』を身近に考えざるを得なくなった菊村栄(石坂浩二)は、真野六郎(マロ/ミッキー・カーチス)や岩倉正臣(大納言/山本圭)だけでなく白川冴子(お嬢/浅丘ルリ子)や水谷マヤ(加賀まりこ)にも、どう考えているのか話を聞いてみる。豪胆なマヤは自分が死んだ後のことなど知らないと、栄の憂を一笑に付す。また、マヤと概ね同意見というお嬢は、相続問題を起こさないための浪費計画を打ち明ける。

1話につき

16分

10メダル

41 購入する

8

blank
  • yasuraginosato

ぎっくり腰で動けなくなった高井秀次(藤竜也)が、女たちのつきまとい介護を嫌い部屋から姿を消して4日が経つ。もはや警察の介入も時間の問題。自室に秀次をかくまっている菊村栄(石坂浩二)は一刻も早く打開策を見出そうと、騒動の真相に気づかれてしまった九条摂子(姫/八千草薫)のヴィラを訪ねる。そこには、すべてお見通しという三井路子(五月みどり)の姿も。二人は、誰も傷つけない解決策として、栄などは到底思いもつかない驚きの方法を授ける。

1話につき

16分

10メダル

36 購入する
37 購入する
38 購入する
39 購入する
40 購入する

7

blank
  • yasuraginosato

入居早々ぎっくり腰を発症した高井秀次(藤竜也)の病状は絶対安静を要した。しかし、秀次のヴィラには自分が看病するという女たちが殺到。秀次は心身ともに休まる暇がない。また、何人もの入居者が見舞いの花を業者に直接発注してしまったため、秀次の入居情報が外部に漏えい。名倉みどり(草刈民代)と修平(名高達男)は対応に追われる。 そんな中、秀次がこつぜんと姿を消す…!?

【第7週ゲスト】
布施博

1話につき

16分

10メダル

31 購入する
32 購入する
33 購入する
34 購入する
35 購入する

6

blank
  • yasuraginosato

高井秀次(藤竜也)、入居の日がやってくる。『やすらぎの郷』は入居者、従業員を問わず、我先に秀次に挨拶しようという者たちで色めき立つ。しかし、予定の時刻になっても秀次は現れなかった…。

1話につき

16分

10メダル

26 購入する
27 購入する
28 購入する
29 購入する
30 購入する

5

blank
  • yasuraginosato

白川冴子(お嬢/浅丘ルリ子)は自分の誕生日パーティーに来ない不届き者を“ナスの呪い揚げ”に処すため、リストアップを始める。その数は膨れ上がりなんと384人に! しかし、相手を呪うには1人につきナス1本を揚げて食べなければならないと知り、お嬢は泣く泣く30人にまで絞り込む。そうして迎えた誕生日当日。うってつけの雷鳴が轟く中、いよいよ陰惨な呪い揚げの儀式が始まる…。

1話につき

16分

10メダル

21 購入する
22 購入する
23 購入する
24 購入する
25 購入する

4

blank
  • yasuraginosato

“濃野佐志美”こと井深凉子(野際陽子)に最新作『散れない桜』の発表を断念させるため、菊村栄(石坂浩二)は凉子を、財前ゆかり(ハッピー/松岡茉優)の祖父が営む人里離れた小料理屋の『山家』に誘う。実は凉子は山家の常連。『やすらぎの郷』で見聞きしたネタを題材に、山家で小説の構想を練っていることを白状する。栄はネタ元に許可を取らない凉子の行為を「パクリ」だと非難。しかし、凉子は意に介さず、なんと栄と亡き妻との事件を下敷きにした小説もすでに発表していると言って栄を狼狽させる!

1話につき

16分

10メダル

16 購入する
17 購入する
18 購入する
19 購入する
20 購入する

3

blank
  • yasuraginosato

菊村栄(石坂浩二)は、九条摂子(姫/八千草薫)に鑑定を頼まれた形見分けの絵を、本物であれば数千万円の値打ちがあると見積もる。思いもよらぬ高額に困惑した姫は、遺族にその絵を返そうとする。ところが、話に首を突っ込んできた白川冴子(お嬢/浅丘ルリ子)と水谷マヤ(加賀まりこ)は「黙っていただくべき!」と強く進言。返すという姫との押し問答が繰り広げられるが、なぜかその矛先は次第に栄へと向けられ…。

【第3週ゲスト】
久保隆徳

1話につき

16分

10メダル

11 購入する
12 購入する
13 購入する
14 購入する
15 購入する

2

blank
  • yasuraginosato

『やすらぎの郷』に入居して最初の夜、菊村栄(石坂浩二)は驚くほど気持ち良く深い眠りにつく。目覚めもすっきり。ところが、朝だと思ってのぞいた時計はまだ午前2時を指していた。不思議な気持ちでタバコに火をつける栄。すると、どこからともなく聞こえる猫の声とともに、室内には不気味に動く影が…!? その後、一睡もできずに朝を迎えた栄を、井深凉子(野際陽子)が「出た?」と言って訪ねてくる。

1話につき

16分

10メダル

6 購入する
7 購入する
8 購入する
9 購入する
10 購入する

1

blank
  • yasuraginosato

認知症の妻を看取って半年、ようやく気持ちの整理がついた脚本家の菊村栄(石坂浩二)は、生まれてから80年近く暮らしてきた東京を離れる決意を固める。妻・律子(風吹ジュン)の墓前に花を手向け、住職に遺言書を預けた栄はその晩、テレビの黄金期を共に築いた“戦友”のディレクター、中山保久(近藤正臣)と会うことを約束。初めて胸の内を明かすつもりで、栄の小学校時代の同級生(小松政夫)が営む居酒屋『侘助』へと出かけていく。

【第1週ゲスト】
近藤正臣 小松政夫 山本舞香 水上千絵 水津聡 野村麻純

1話につき

16分

10メダル

1 購入する
2 購入する
3 購入する
4 購入する
5 購入する
ページトップへ戻る
Copyright(C) tv asahi All rights reserved.