LIMIT MAKE

LIMIT MAKE SHORT #8-4 今回のハイプレフィールド向けに青木プロが選んだタックルは?

  • 時間:2分

単話情報

関連番組

  • twitter
  • facebook
  • Google+

今回の紀ノ川ロケで、青木プロがメインで使用したタックルを紹介!
紀ノ川が、クリアな水質でなおかつプレッシャーも極めて高いフィールドであることをふまえ、対ラージマウスバスとしては極限ともいえるフィネスタックルセッティングで臨んだと話す青木プロ。
まずロッドは、アブ・ガルシアのスーパーファンタジスタのプロトロッドで、スーパーフィネスワンというモデル。6フィートのウルトラライトアクションで、竿先は柔らかいがバットは強く、多少強引なやりとりをすることもできるそう。
そして、このフィネスロッドにアブ・ガルシアのレボMGエクストリーム来期モデルをセット。ラインはバニッシュレボリューションの3ポンドを巻いた。
これが青木プロが天才バスを仕留めるために選んだ最強タックルである。

単話

Copyright(C) tv asahi All rights reserved.