ENLIGHT

ENLIGHT SHORT #3-4 光大郎さんが今回使用したタックル

  • 時間:4分

単話情報

関連番組

  • twitter
  • facebook
  • Google+

今回の晩秋の霞水系ロケで使ったタックルを光大郎さんが紹介する。
まずベイトフィネスタックルは、スティーズ ショアコンペティションシリーズのミディアムアクションのプロトロッドに、ダイワのSSエアをセットしたもの。ワームだけでなくシャッドにも使うため、SSエアのギア比は6.3に下げているという。
次がクランクベイト用で、ブラックレーベル+のグラスコンポジットタイプのロッド、661MLFB-GにスティーズSV TWをセットしたもの。クランクだけなら12ポンドのラインを巻くそうだが、今回はシャッドを投げる可能性を考え10ポンドを巻いている。
3つ目はスピナーベイトの使用をメインに考えた、ブラックレーベル+の6101MRBとスティーズSV TWというセット。そして4つ目がスティーズの新作ヘビーバーサタイルロッド、キングバイパーとスティーズSV TWのギア比7.1モデルのセット。大型プラグやラバージグ、フロッグなどがこれ一本でカバーできるという。

単話

Copyright(C) tv asahi All rights reserved.