伊藤英明&坂口憲二の『ダブルス』コンビがケツメイシのライブに突入!!
[2013年5月21日]

ドラマも終盤に突入し、ますます勢いの加速する『ダブルス~二人の刑事』。そんな中、主演の伊藤英明さんと坂口憲二さんが、ドラマの主題歌『月と太陽』を歌うケツメイシさんのさいたまスーパーアリーナでのコンサートに先日お邪魔し、なんと会場を舞台にしたドラマの撮影を行いました!

今回撮影したのは、ケツメイシのライブに紛れ込んだ誘拐犯を探す山下(伊藤)と田代(坂口)がライブ中、会場に怪しい人影を発見し、いきなり舞台袖からステージ下に飛び降りて観客の間を駆け抜けるというシーンと、事件が無事解決した後、ケツメイシさんが歌う『月と太陽』を聴きながら二人がステージを見つめるというシーン。

2万人もの観客が集まったコンサート終了直後の会場を使うとあって、最初のシーンの撮影チャンスはたったの2回だけ。失敗は決して許されない緊迫感あふれる状況だったにもかかわらず、アリーナに残ったお客さまの協力のもと、ノリノリの曲『カーニバル』に合わせて伊藤&坂口の二人も一気にテンションアップ!おかげでミスやトラブルもなく一体感&疾走感あふれる映像を撮影することが出来ました。

もう一つのシーンは一転して『月と太陽』の歌詞と見事にマッチした、温かい雰囲気に包まれたとっても優しさあふれるシーン。どちらも『ダブルス』とケツメイシ、そして観客のみなさんとの見事なコラボが堪能出来る迫力&感動的なシーンに仕上がっています。

なお、このシーンの模様は5月30日(木)放送の第7話で流れますので、どんな映像に仕上がっているのか、ドラマと合わせてぜひチェックして下さい!!

■伊藤さんコメント
「ステージに立ってみなさんに挨拶をした時、ものすごい歓声を頂いたのですが、2万人のお客さんから歓声を浴びることってまずないから、その迫力がすごかったですね。さすがケツメイシさんのファンだけあって、そのパワーと熱気に逆に緊張しました。『月と太陽』はしっとり落ち着いた曲だけど、ライブで聴くと雰囲気がまた違ってとてもよかったです。隣にいた憲二と思わず手をつなぎたくなるほど感動的でした(笑)」

■坂口さんコメント
「僕はずっとケツメイシさんが大好きで、ライブにも何度も足を運んでいますし、カラオケでは必ず『涙』『さくら』『花鳥風月』を歌います。でも、今、一番好きなのは『月と太陽』ですね(笑)。今回の撮影はドラマの撮影だと分かっていても、現実と非現実が一瞬、重なる感じと言うか、やっていてすごく不思議な感覚がしました。ケツメイシさんとファンのみなさんのパワーを頂き、ドラマも勢いをつけて最後まで駆け抜けたいと思います!」

バックナンバー