映画ドラえもん最新作のスペシャル応援団“ウンタカ!ドラドラ団”結成&ゲスト声優も発表![2015年10月21日]

来年3月5日(土)公開の最新作『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』スペシャル応援団が決定しました! その名も“ウンタカ!ドラドラ団”。映画に登場する原始人“クラヤミ族”をイメージしたメンバーを集結! 新日本プロレス所属、“No.1イケメンレスラー”棚橋弘至(たなはし・ひろし)選手、お茶の間では“スイーツ番長”としておなじみの真壁刀義(まかべ・とうぎ)選手、さらに“日本一ベビーカーの行列ができる芸人”として子供たちに大人気の小島よしおさん、ランドセルのCMでもおなじみ、天使のように愛らしいキッズモデルのエヴァちゃんも歌姫としてメンバーに参戦します。

そして、この異色の4人がオリジナルソングに合わせ、“ウンタカダンス”を歌い踊りながら映画を盛り上げるエンディングが、来週10月30日(金)より放送決定!映画の舞台である7万年前の原始時代の世界をイメージし、棚橋選手、真壁選手、小島さんは原始人風の衣装、エヴァちゃんは原始人風ワンピースに身を包み、ちょっとヘンテコなダンスを繰り返します。リハーサルを何度も重ねた4人のキレのあるダンスをお楽しみに! そして、みんなもぜひダンスをおぼえて一緒に踊ってね。

さらにメンバーの棚橋選手、真壁選手、小島さんは映画のゲスト声優を務めることも決定! 3人は劇中に登場する原始人の“クラヤミ族”役を担当します。棚橋選手はなんと初声優挑戦! こちらもお楽しみにね。

※クラヤミ族とは?
7万年前の中国に住む、猿人(えんじん)に近い種族でゴリラのような顔が特徴。「ギガゾンビ」という嵐と雷を操(あやつ)る不死身(ふじみ)の精霊王(せいれいおう)の部下であり、言葉を話す土偶(どぐう)の「ツチダマ」(集合写真のいちばん右)のしもべである。4人の役柄は“クラヤミ族”の中でも歌や踊りを得意とする“ウンタカ!ドラドラ団”という、応援団のためだけに用意したオリジナルの設定。

<メンバーコメント>
■エヴァちゃん
覚えるのが大変だったので、がんばってお家で練習してきました。ドラえもんはいつも優しいから大好きです。ドラえもんの道具「どこでもドア」でハワイに行きたいと思っています。

■棚橋弘至選手
プロレスラーがダンスだなんて、まちがいなく足を引っぱるのは自分と真壁さんだと思いましたので、プレッシャーの中、がんばりました。自分の子供たちと一緒に「ドラえもん」を見ているのですが、見るたびに人と人との繋(つな)がりや、温かい人間味が心にじーんときます。そんな「ドラえもん」に出演できるなんて、棚橋家の歴史にも残ります。

■真壁刀義選手
覚えるのにとても苦労したこのダンスにあるクイックな動きは、プロレスにも活かせると思いました。そしてゲスト声優で出演できると先ほどお聞きしまして、本当におどろきました。自分が小さい頃からある人気アニメに出演だなんて、真壁家の歴史に残る光栄(こうえい)なことです。

■小島よしおさん
ダンスの曲中に自分のネタ「そんなの関係ねぇ!」が入っているんです。このネタはエヴァちゃんが生まれる前、8年前から存在しているので、それが今7歳のエヴァちゃんと一緒にMIXされるなんてとってもうれしいです。ゲスト声優の件も含め、小島家一族に伝えたいです。