9月4日(金)放送の『ドラえもん誕生日1時間スペシャル』に人気ユニット“9nine”の佐武宇綺(さたけ・うき)さんが出演します![2015年9月1日]

いよいよ今週9月4日(金)よる7時から放送する『ドラえもん誕生日1時間スペシャル』
今回のスペシャルでお届けする、鉄道を舞台にしたスピード感あふれる大冒険ストーリー『のび太特急と謎のトレインハンター』に、念願(ねんがん)の『ドラえもん』初出演を果たすのが、人気パフォーマンスガールズユニット “9nine”のメンバーであり、声優としても活動している佐武宇綺(さたけ・うき)さん

今回、佐武さんが演じるのは、ひみつ道具『DX(デラックス)列車セット』“ヒツジの車掌さん”。車掌兼、運転士指導員(しゃしょうけん、うんてんししどういん)として、物語の舞台となる“のび太特急”の運転士を務めるのび太をビシバシ指導する役柄です。しかし、このヒツジ、実はかなりのおっちょこちょいという設定で、佐武さんも楽しく演じられた様子。

国民的アニメ『ドラえもん』への出演を「アーティスト活動でいえば国立競技場のステージに立つのと同じぐらい、“夢のまた夢”だと思っていました!」と笑顔を弾けさせる佐武さん。そんな佐武さんに、『ドラえもん』への思いや誕生日スペシャルのみどころを伺いました。

<佐武宇綺さんコメント>
Q.オファーが来たときの感想は?
佐武さん「私は『ドラえもん』を観て育ってきた!!と言っても過言ではないくらいで、小さい頃は母のエプロンを巻いてポケットにたくさんモノを入れて、ドラえもんのマネをしていました! そんな国民的アニメである『ドラえもん』に出演したいという夢は持っていましたが、アーティスト活動でいえば国立競技場のステージに立つのと同じぐらい、“夢のまた夢”だと思っていました。本当に自分が見てきた作品に出演できるなんて、うれしくて夢のよう! 夢はあきらめなければかなうんだなと実感しました。“9nine”のメンバーには真っ先に教えましたが、みんな「うっきー!! ウソでしょ?」と、口をあんぐり開けておどろいていました(笑)」
Q.アフレコの感想は?
佐武さん「レギュラーメンバーのみなさんの中に入って演じることに緊張(きんちょう)しながらも、「あぁ、本物のドラえもんがいるー!」と感激(かんげき)していました。現場はすごく温かいムードで、『ドラえもん』を愛するみなさんがそろっていることを実感しました! 実は、アフレコ当日は、ドラえもん役の水田わさびさんの誕生日を祝ってスタジオにケーキが用意されていたんですよ!」
Q.演じたキャラクターは?
佐武さん「ひみつ道具“DX(デラックス)列車セット”のヒツジの車掌さんです。愛らしいキャラクターですが、のび太くんに対してはきびしく接してばかり。でもちょっとヘマをしたときにポンコツさや弱さが出てしまう“ツンデレ”キャラなので、そこに注目してもらいたいですね! 演出の方からは“ポンコツっぽく演じてほしい”というオーダーがあったのですが、アフレコ本番で何度か間違えちゃったりと私自身がポンコツすぎていたので、キャラクターにも自然とポンコツ感が出ちゃったと思います(笑)」
Q.ほしいひみつ道具は?
佐武さん「ずっと前から『ゆめコントローラー』があったらいいなと思っていました。夢の中で、悪い人に追いかけられているときほど遅いスピードでしか走れない…そんな場面に遭遇(そうぐう)したことはないですか!? 夢がコントロールできたらどれだけ楽しいだろうと思って…! 『ドラえもん』はひとつひとつの道具から夢と希望をもらえるのが素晴らしいですね!」
Q.ドラえもんに誕生日メッセージを!
佐武さん「歴史ある『ドラえもん』は、大先輩。母のお腹の中にいる頃から、私もお世話になっていたはず…。これからも、子どもたちに素敵な夢と希望を送り続けてほしいですね。ドラえもんセンパイ、おめでとう、そして、ありがとうございます!!」
Q.ドラえもん誕生日スペシャルのみどころは?
佐武さん「鉄道をテーマに描かれたストーリーですが、まさに列車のように展開が速くてアクションが豊富でビックリしました! なんと今回は、のび太くんが誰より頑張って悪者と戦うんです。のび太くんにすごく勇気をもらえる作品になっていると思います!!」