来年公開の最新作『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)』の主題歌が、人気アーティストmiwaに決定![2014年12月11日]

来年3月7日(土)に公開する最新作『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)』は、“映画ドラえもんシリーズ”35周年記念作品
子ども時代、だれもが一度はあこがれたヒーロー・ヒロイン。だれにでも自分の得意なことや個性があって、だれでもヒーローになることができる! そんなメッセージが込められた作品です。

そんな同作の主題歌を担当するのは、子ども時代の夢を信じ、夢を叶えた歌姫・miwaさん
miwaさんは、12月9日より始まった「miwa-39live ARENA tour-“miwanissimo2014”」のツアー二日目の10日、アンコール中に約7,000名のファンの前で、このビックニュースを発表! miwaさんからの「今日はビッグニュースがあります!」という発言と共にビジョンに現れた映画のタイトルと主題歌決定の文字にファンは大興奮(だいこうふん)! さらに、どこでもドアでやってきたドラえもんとのび太もステージに現れ、会場全体が歓喜(かんき)の声援で騒然(そうぜん)となったのも束の間、その主題歌「360°(さんびゃくろくじゅうど)」をドラえもんたちと一緒に初披露(はつひろう)しました!

“ドラえもん”が大好きというmiwaさん。子どもたちにも映画の世界観やメッセージが伝わるようにと、こだわって作詞した今回の楽曲には、彼女の熱い想いが込められています!

そして!その主題歌「360°」が聞ける映画の最新映像を、明日(金曜日)のよる7時からのドラえもんで、どこよりも早くお届けします!お見逃しなく!!

<miwaさんインタビュー>
Q.今回映画の主題歌を、とオファーが来たときはどう思われましたか?
あのドラえもんに携われるなんて本当にうれしかったです! 一緒に歌えるというのはすごく貴重な経験だし、「やった!」と思いました。だって私が生まれたときからドラえもんはそばにいたし、ずっと変わらないもの。もし自分に子供が出来ても、「ドラえもんの主題歌を歌ってる人、お母さんなんだよ」って伝えられるし。他にはないことだからほんとにすごいと思います!

Q.ドラえもんの曲を作るにあたって、どんな曲にしようと思いましたか?
私はギターを弾いて歌うので、子供たちみんなもギターを弾いて歌って踊れるような曲にしたいなと思いました。サウンドはアレンジャーの方と相談して作っていたのですが、今回「宇宙をイメージした曲を」と言われたので意識してみました。今回はドラえもんを観る子供たち、その親御さんが楽しめる曲、聞き手のことを思い浮かべて書きました。

Q.特にこだわったフレーズは?
ドラえもんの曲だから入れたいなって思ったのが「ペガサス」って単語です。
宇宙をイメージした時にペガサス座とかの星座がばーっと思い浮かんだんです。テーマの「360°」はどこにでもいけるし、可能性は無限大なんだよってことを伝えたくて、普通の曲には入れられない歌詞を入れてみるっていうのも夢があるなぁと。
「さぁドアをあけて」は完全にどこでもドアをイメージしました(笑)。


Q.ドラえもん映画35周年ということですが、35年という月日に何か感じるものはありますか?
すごいですよね、おめでとうございます。自分の35周年を考えてみると…来年の3月3日で5周年なのに、あと30年!(笑) 私54才ですね(笑)なら私くらいの子供がいてもおかしくないですね。でもそれなら、きっと30年後もドラえもんはあると思うのでドラえもん65周年の映画を自分の子供と観たいです。

Q.今回の映画ではのび太たちが特技を生かしてヒーローになりますが、miwaさんの特技をギター以外で教えてください
食べること?(笑) 一番好きなのはおにぎりです。もちろん、どら焼きも大好きです!

Q.これから映画を観る人・これから主題歌を聞く人にメッセージをお願いします!
曲もみんなで歌って盛り上がれる曲だし、映画も仲間の大切さがすごく伝わる内容になっているので是非周りのお友達と一緒に観て欲しいです。ドラえもん・のび太くん・ジャイアン・スネ夫くん・しずかちゃんがみんな歌ってくれるんです! みんなどんな感じで歌ってくださるのか楽しみです。