『ドラえもんと冒険 むげんのわ』の冒険隊長に、松岡修造さんが就任![2013年7月1日]

現在、大募集中の『ドラえもんと冒険 むげんのわ』。すでに、たくさんのお友だちがステキな写真を番組宛に送ってくれているよ! この話題の企画の冒険隊長に、あの松岡修造(まつおか・しゅうぞう)さんが就任(しゅうにん)することが決定しました!
今年の春休みに大ヒットを記録した『映画ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)』の応援団長として、映画の応援を担当した松岡さんですが、テレビアニメ『ドラえもん』での大役就任は今回が初めて! 「子どもたちの挑戦を、真剣にはげまし、おうえんできる大人は松岡さんをおいてほかにいない。冒険のすばらしさにエールを贈っていただきたい」との番組スタッフのオファーに快諾(かいだく)。就任によせて、熱いコメントを寄せてくれました!


<松岡修造さんコメント>
冒険隊長に就任した意気込みを!
「今、日本の子どもたちは新しいことにチャレンジする機会が少なくなっていると思います! やはり、親も学校も、“失敗させたくない”んですね。子どもたちに、つらい思いをさせたくないという気持ちがある。
確かに冒険やチャレンジは、いいことばかりでなく、くやしかったり、つらかったりすることも多い。でも、だからこそ、達成したとき自分に自信が持てる! 冒険は“新しい自分探し”なんです!!
このプロジェクトは、“ドラえもんといっしょに”冒険・チャレンジできるところが、とても大きいですね! スポーツでもアートでも料理でも、チャレンジには必ずキツイ瞬間(しゅんかん)がやって来る。その壁が現れたとき、ドラえもんは必ず“がんばれ!”と言ってくれるはず。ドラえもんがいっしょなら、“エクストラパワー”がもらえるんです!! ドラえもんのおうえんは、世界一の力を持っている! ドラえもんのおうえんを力に変えちゃえばいいんだ! それでもダメなら、ボクがキミたちのところに行く!!」

冒険に挑む子どもたちにエールをお願いします
「まずは、自分がどんな冒険やチャレンジをしたいのか。やってみたいものを探す! 自分と対話して自分の声をきくというのが、冒険のはじまりだと思います。
あと、チャレンジで必要なことは、やっぱり挑戦する本人がワクワクしなくちゃ! 達成できたときの自分を思い浮かべてワクワクする。そのワクワク感が、いちばん必要!!
冒険は、むずかしいものじゃなくていいんです。たくさんチャレンジして、どんどんいろんな冒険をしてほしい! そして1回だけじゃなく、なんなら“毎日冒険”してもOK!! とにかく冒険やチャレンジをはじめないことこそが失敗だと、ボクは思う! できなかったことができるようになった“うれしさの輪”が大きくなればなるほどエネルギーになる! そういう輪が大きくなっていけばいいですし、得られた達成感は一生忘れない宝物になる!」

ご自身が子どもの頃に“冒険”したことは?
「自転車や、初めての買い物が思い浮かびますね! ボクも、うまくできたものなんてなかった。必ず失敗して、“できない!! どうしよう!”と思った。ボクの場合は兄や親がおうえんしてくれたけれど、今回はドラえもんが“君ならできる”と信じて応援してくれる。だから、どんなチャレンジでも大丈夫! 新しい自分と出会おう!!」

ご自身のお子さんに体験してもらいたい冒険は? そしてこれからご自身がチャレンジしたいことは?
「年齢が低いときは、特に自然の中で冒険をしてもらいたいと思っていました。ボク自身、小さい頃、自然の中で感じたものがたくさんありましたし、子どもたちには大人にはきこえないものがきこえたり、目線もまったく違って、いろいろな発見があると思う!
…ボクのチャレンジ? 子育てですね。一日中、子どもが笑顔でいられる日を作りたい。やっぱり、怒っちゃいますからね(笑)」