藤子・F・不二雄先生の生誕80周年を記念して、この夏、東京タワーで『藤子・F・不二雄展』を開催![2013年5月15日]

「ドラえもん」をはじめ、「パーマン」「オバケのQ太郎」など世界中から愛され続ける「まんが」を数多く生み出した藤子・F・不二雄先生は、1933年富山県高岡市に生まれました。今年2013年はそんな先生の生誕80周年という記念の年となります。
そんな記念すべき年に、この夏、東京タワーにて『藤子・F・不二雄展』を開催することが決定しました!

このイベントは、東京タワーの展望台やイベントスペースなどタワー全体を会場とした、子供も大人も楽しめる企画展です。
会場では、藤子・F・不二雄先生の世界を、日本初となる室内型の4Dプロジェクションマッピングで体験できる「SF(すこしふしぎ)シアター(仮称)」や、作品の1シーンの登場人物となって撮影ができる「なりきりキャラひろば(仮称)」などなど、さまざまな仕かけを体感できる展示がいっぱい。
また、貴重な原画はもちろんのこと、本展で初公開となる、藤子・F・不二雄先生が藤子不二雄氏と共に少年時代に描いた、希少な手描きの自作まんが冊子「少太陽」の内容や、「オバケのQ太郎」の初期のモノクロアニメーションも公開。さらに、会場でしか買えない限定グッズの発売も予定しています。

この夏、東京タワーで夢いっぱいの藤子・F・不二雄ワールドを楽しもう!
ぜひご家族、お友達と一緒に遊びに来てね。待ってるよ~☆

開催期間:7月19日(金)~10月6日(日)
5月31日(金)より、前売り券の販売開始
イベントの詳細は、こちらでチェックしてね。