2007/10/07 第36話「憑かず、離れず、電車斬り!」

 侑斗(中村優一)にゼロノスのカードを渡していたのは、桜井侑斗だった。
 桜井侑斗がデネブと契約、過去の自分=侑斗にイマジンと戦わせる運命を背負わせたのだという。しかも侑斗が変身することで存在が消えるかもしれないことを知っていながら…。
 だから姉・愛理(松本若菜)の前からも姿を消したのか。しかし、自らを犠牲にしてまで戦う、というやり方に良太郎(佐藤健)は納得できない。良太郎は「俺はこれからも変身して戦う」という侑斗からカードを奪って出て行ってしまう。

 キンタロス(声・てらそままさき)が過去の世界で良太郎に憑依できなくなったことをモモタロス(声・関俊彦)、ウラタロス(声・遊佐浩二)も真剣に考えるように。新しい路線が現れ、この先の未来が見えてきたとしたら、自分たちイマジンと良太郎との関係も…。モモタロスたちはある作戦を考える。

 カードを返せ、と良太郎に迫る侑斗だが、良太郎は頑として返そうとしない。そんな押し問答をしている際にも、過去に飛んだ2体のモールイマジンが暴れている。侑斗は「弱かったり運が悪かったり、何も知らないとしても、それは何もやらないことの言い訳にはならない」という未来の自分の言葉を持ち出し、ついに良太郎を説得。カードを手にするとソードフォームに変身する良太郎とともに、ゼロノスに変身する。

 過去に飛び2体のモールイマジンと相対したソードフォームとゼロノス。しかし、予想通りモモタロスは良太郎と合わせられず、体から抜け出てしまう。プラットフォームになった良太郎はモールイマジンの攻撃に圧倒されるだけ。そんなプラットフォームを庇うゼロノスもベガフォームとなるものの、力を出し切れずモールイマジンの猛攻にボロボロにされてしまう。
 それでも立ち上がるプラットフォーム。いよいよ2体のイマジンが止めを刺そうとしたそのとき、モモタロス、ウラタロス、キンタロス、リュウタロスが砂状態で現れた。4体のイマジンはプラットフォームの周囲で渦巻くと、デンカメンソードへ。言われるままにカードを入れたプラットフォームは電王ライナーフォームへと変身する。
「必殺技決めんだよ、必殺技!」。
 モモタロスの言葉にうながされデンカメンソードを振るうライナーフォーム。
「必殺技……電車斬り!」。
 センスのないネーミングながら電車斬りはみごとに2体のイマジンを切り裂く。

 モモタロスらが憑依できなくなった過去の世界でも戦える新たな力をつけた良太郎。それにしてもなぜモモタロスたちが憑依できなくなったんだろう?喜びの中にも不安を感じる良太郎は何も言わずに座っているオーナー(石丸謙二郎)に視線をおくる。
 そんなオーナーの視線の先には新しい路線、そしてその奥には不気味な光と音が…。

おさらい画像

おさらい画像

おさらい画像

おさらい画像

おさらい画像

おさらい画像

脚本:小林靖子
監督:舞原賢三
アクション監督:宮崎剛