2007/07/08 第23話「王子降臨、頭が高い!」

 デンライナーの車内で動物の鳴き声が聞こえる、との苦情が報告された。実は動物好きのリュウタロス(声・鈴村健一)が街で子猫などを拾ってきてはデンライナーの中でこっそり飼っていたのだ。動物だらけの車両に目を丸くするハナ(白鳥百合子)やモモタロス(声・関俊彦)たち。その動物たちにまぎれて白いイマジン・ジーク(声・三木眞一郎)が赤ん坊を抱いて座っていて…。

 自分をプリンスと呼べとエラそうなジークにキレかかる一同だが、なにやら抱いている赤ん坊に憑いているとか。が、赤ん坊の姿でいたくないと、なんと良太郎(佐藤健)に憑依。すっかり王様気取りのジーク良太郎は逆上するモモタロスらを鼻であしらう。

 いずれにしても赤ん坊を両親のもとに返さなければ。ハナがジークから事情を聞くと、半年ほど前に赤ん坊の母親・栞(鹿野京子)にとりついたが、そのまま眠ってしまい気がついたら赤ん坊といっしょに生まれてきていたという。栞とも契約したのか覚えておらず、自分がどこにいるのかわからないところをリュウタロスに拾われてここまで来たらしい。
 エラそうに母親を探して来いと命令するジークにキレまくるモモタロスたち。ジークはそんな3人を「頭が高い」と不思議な力で小さくしてしまう。

 赤ん坊が大企業・鷹山グループの孫であることがわかった。さっそく豪邸へと向かうハナだったが、ジーク良太郎も赤ん坊を連れて一足先へ。が、警官たちから誘拐犯に間違えられ、ジークが抜け出た良太郎は大慌て。イマジンを追って来ていた侑斗(中村優一)とデネブ(声・大塚芳忠)の機転に救われる。

 栞を誘拐しようとするスコーピオンイマジンを追って良太郎は電王ソードフォームに変身。栞を取り戻し、スコーピオンを追い詰めるが、あと一歩で逃がしてしまう。
 そこへ赤ん坊を抱いたハナがやってきた。良太郎はハナから赤ん坊を受け取ると、誘拐事件の容疑者として警察に連れて行かれてしまう。あえて自分から警察へと連れて行かれた良太郎。その真意とは…?

おさらい画像

おさらい画像

おさらい画像

おさらい画像

おさらい画像

おさらい画像

脚本:小林靖子
監督:田﨑竜太
アクション監督:宮崎剛