2007/04/29 第14話「ダンス・ウィズ・ドラゴン」

 取りついた目的は良太郎(佐藤健)をやっつけるため。
 リュウタロス(声・鈴村健一)の意外な言葉に騒然となるハナ(白鳥百合子)、モモタロス(声・関俊彦)、ウラタロス(声・遊佐浩二)、キンタロス(声・てらそままさき)。デンライナーで姿を現したリュウタロスに詰め寄るモモだったが、リュウはコーヒーを飲むとさっさと良太郎の中へ。ただし、リュウは良太郎に憑いているといいことがあるから、もう少しこのままでいたい、という。いいこととはいったい…。

 そのリュウがまた良太郎の体を奪ってしまった。仲間たちとダンスしながら公園へ行くと、オウルイマジンがバリケードを作って中へ入れなくしている。
  公園の管理人・戸山(うえだ峻)もあまりの惨状に呆然としていると、オウルイマジンは「契約完了」と戸山の過去へと飛んでしまった。
  カードで時期を確認すると、戸山とレージ(佐々木友司郎)が面倒を見ていた子犬のコロが死んだ日。コロが死んだことを自分の責任と思い込んでいたレージは、以来公園に寄り付かなくなり、ダンスに打ち込むようになっていた。

 そんな話を聞くリュウタロス良太郎にスキができた。強引に入り込んだモモタロスは電王ソードフォームに変身。過去へと飛び、オウルイマジンと対決する。
  空を飛ぶオウルイマジンに手を焼きながらも追い詰めたソードフォーム。しかし、そのときリュウタロスが入り込み、ガンフォームに変身してしまった。

 例によってオウルイマジンを激しく攻撃する電王ガンフォーム。とどめを刺すと、新たに現れた2体のギガンテスをも自らのデンライナー、イカヅチで撃破する。
  そんなガンフォームの活躍で子犬のコロも戸山とレージによって救われて…。

 良太郎は思い出の地へと向かった愛理(松本若菜)を迎えに行く。
  姉さんは思い出したのだろうか…。
  心配しながら駆け寄った良太郎だったが、愛理は三浦(上野亮)の催眠術で一瞬記憶を甦らせただけだった。
  いつもの愛理に戻っていた姉にホッと安堵する良太郎。それを見た尾崎(永田彬)は肩を落とす。

 愛理に汗を拭いてもらう良太郎に、デンライナーの中にいたリュウタロスは大喜び。思いっきり愛理に甘えるようなそぶりにハナらは、リュウがいう“いいこと”が愛理だと悟る。愛理がいる限りはリュウが良太郎をやっつけることはない。
  ホッと安堵するハナ、モモ、ウラ、キンらだが、どうにも不可思議なリュウについていけず…。

 

おさらい画像

おさらい画像

おさらい画像

おさらい画像

おさらい画像

おさらい画像

脚本:小林靖子
監督:金田治
アクション監督:宮崎剛