2007/04/15 第12話「走れタロス!」

 わざとアイビーイマジンに止めを刺さなかった電王アックスフォーム。カスミ(小野明日香)の父・謙作(池田成志)が本当に娘を襲わせる契約をイマジンと結んだかを調べたい…。すべてはキンタロス(声・てらそままさき)のそんな思いやりからだった。

 良太郎(佐藤健)とハナ(白鳥百合子)は謙作を訪ねるが、当の謙作はカスミとは父娘の縁を切ったと繰り返すのみ。カスミ草を届けていたのは謙作だと思ったのに…。良太郎の思いに謙作は複雑な表情を見せる。

 カスミがパリコレへと出発する当日、空港へ向かう車にアイビーイマジンが襲い掛かった。ガードしていた良太郎が車から飛び出すと、キンタロスが憑依。カスミらが乗っていたワゴン車を海へと落とそうとするイマジンを押しのけると、なんとキンタロス良太郎が車を海へと投げ飛ばしてしまう。謙作が娘のためにならない契約をイマジンと結ぶはずがない。キンタロスはそれを証明しようと、あえてイマジンに手を貸したのだった。

 しかし、そこへ現れた謙作の本当の思いは違っていた。カスミに好きなモデルの仕事を思い切り続けさせたい。そんな思いからあえて突き放した謙作だったが、やはり娘会いたさにカスミ草をこっそり届けていたという。そして、アイビーイマジンが目の前に現れたときも、つい娘に会いたいと望みを告げてしまったらしい。
  イマジンは望みをかなえるにはカスミの仕事を全部潰せばいいと解釈、キンタロスの力で契約が完了した今、アイビーイマジンは過去へと旅立ってしまった。

 デンライナーで過去へと旅立った良太郎とハナ。暴れるアイビーイマジンと対峙するが、そんな良太郎に憑依したキンタロスはイマジンを無視。一人家を出るカスミを捕まえると「親父さんを信じたるんや!」と必死に訴える。
  イマジンに手を貸し、時の運行まで変えてしまった。怒ったオーナー(石丸謙二郎)はキンタロスの追放を宣言する。

 良太郎は暴れるアイビーイマジンの前に立ちはだかると、キンタロスに声をかけ電王アックスフォームに変身。
「これが俺の…電王としての最後の戦いや」。
  みごとダイナミックチョップでアイビーイマジンを撃破する。

 事件は一件落着、キンタロスはデンライナーを降りようとするが、キンタロスが時の流れを変えたおかげでカスミは良太郎と出会うことなく、父・謙作と和解していた。多少のおかしさは残るが、キンタロスの暴走もこれでなくなった。オーナーの計らいでキンタロスの追放処分は解除される。
  ホッと喜ぶ良太郎とハナ。そんな気持ちを知ってか知らずか、ふたたびキンタロスは冬眠に入ってしまい…。

おさらい画像

おさらい画像

おさらい画像

おさらい画像

おさらい画像

おさらい画像

脚本:米村正二
監督:坂本太郎
アクション監督:宮崎剛