2007/04/08 第11話「暴走・妄想・カスミ草」

 ある日、良太郎(佐藤健)がカスミ草を手に歩いていると、突然「あなただったのね」と見知らぬ少女から声をかけられる。
 何がなんだかわからない良太郎。と、とつぜんキンタロスが憑依。キンタロス良太郎は少女を無理やり連れて行こうとした男を投げ飛ばしてしまう。

 数日後、良太郎は、投げ飛ばしてケガを負わせた男・大槻(白井圭太)から電話で呼び出される。ハナ(白鳥百合子)と約束の場所へやってくると、実は少女はカスミ(小野明日香)という超売れっ子のジュニアモデル。カスミは良太郎をこっそりカスミ草を届けてくれる謎の人物と思い込んでいるらしい。

 そのカスミはパリコレへの出演が決まってから衣装をズタズタに切り裂かれるなど、奇妙ないたずらに悩まされていた。もしかしてイマジンの仕業では…。良太郎はマネージゃーの大槻からボディガードを依頼され、泣く泣く引き受けるが、またもキンタロスが憑依して大暴れ。カスミが出演しているショーを台無しにしてしまう。

 グラビア撮影中のカスミに付き合う良太郎とハナ。が、一瞬ライトが消えた隙に何者かがカスミの衣装に墨汁をかける。
が、良太郎とハナはすぐに犯人を拘束。カスミのライバルと言われているジュニアモデルが、パリコレに出演するカスミに嫌がらせをしていただけだった。

 ホッと胸をなでおろす良太郎らだったが、そこへアイビーイマジンが現れた。モモタロス良太郎はイマジンと大格闘。が、電王ソードフォームに変身しようとした瞬間、イマジンはどこかへと消え去ってしまう。

 イマジンの契約者はカスミを恨んでいる誰かに違いない。良太郎とハナは大槻に事情を聞こうとすると、突然現れたカスミは自分の父・謙作(池田成志)だという。
かつて父と2人で暮らしていたカスミだったが、なぜか突然「出て行け!」と家を追い出されてしまったという。トップモデルに親など必要ない、と突っ張るカスミだが、人知れず涙を流すことも…。

 そんなカスミの気持ちを知ってか知らずか、キンタロスは勝手にカスミと謙作を仲直りさせるとやたらと張り切る。
そこへ再びアイビーイマジンが現れた。モモタロスを呼び出した良太郎はソードフォームに変身するが、ここでもキンタロスが無理やり憑依。アックスフォームとなってイマジンと戦う。

 ハナと一緒に必死で逃げるカスミ。その目の前に謙作が現れた。謙作は大量の砂を撒き散らして…。

  一方、戦うアックスフォームはアイビーイマジンを追い詰めながらもなぜか必殺技を出すのをためらい…。

おさらい画像

おさらい画像

おさらい画像

おさらい画像

おさらい画像

おさらい画像

脚本:米村正二
監督:坂本太郎
アクション監督:宮崎剛