仮面ライダーディケイド

STORY

第26話 「RX!大ショッカー来襲」

 新たな世界。
 士(井上正大)、ユウスケ(村井良大)、夏海(森カンナ)の前に、突如クライシス最強の戦士シュバリアンがクライシス戦闘員とともに現れた。
「霞のジョーを始末しろ!」。
 どうやら昭和のヒーロー風の扮装をしている士を「霞のジョー」という男と間違えているらしい。
 と、そこへ一人の男が現れると仮面ライダーブラックRXに変身。士を庇うようにクライシス戦闘員、そしてシュバリアンに立ち向かう。
 が、なぜか現れたファンガイアとイマジンにRXは窮地に。見かねた士はディケイドに変身。イマジンを撃破するとファンガイアは光のオーロラの中へ。シュバリアンらも逃走する。
 RXは「破壊者」とディケイドに襲いかかろうとするが、夏海が身を挺して阻止。変身を解除した男も夏海のまっすぐな瞳を信じ攻撃をやめる。

 男の名前は南光太郎(倉田てつを)。世界侵略を狙うクライシス帝国とRXに変身して戦っているが、最近になって別の勢力が現れ仲間である「霞のジョー」も失踪してしまったという。どうやらここでも世界の融合と破壊が進んでいるらしい。が、士はいくら戦っても自らの世界が見つからない、と戦うことを拒否してしまう。

 帰る家など必要ない、という士を説得する夏海。しかし、士はなんと言われても戦おうとしない。そこへイマジン、ファンガイアを引き連れた一人の男、ガイ(川原和久)が現れた。ガイの正体は世界の秘密結社が結集した大組織、大ショッカーの幹部アポロガイスト。ディケイドを消し去ろうと強大な力で襲いかかる。そして、士の命を奪い去ろうとしたその瞬間、夏海が士の前に身を投げ出しアポロガイストの攻撃をまともに受けてしまう。

 夏海はそのまま入院、しかし原因はわからず命が危険な状態に陥ってしまう。さすがに落ち込む士の前に大樹(戸谷公人)が現れた。大樹によると、アポロガイストは自らの命をつなぐため、パーフェクターというアイテムで人の命を奪っているという。アポロガイストからパーフェクターを奪えば夏海を救える。士はユウスケに夏海を任せ、ようやく戦いに身を投じる。

 クライシス帝国を大ショッカーに取り込もうとアポロガイストが出現した。そこへ士は光太郎とともに変身、2人は仲間のためディケイド、RXとなって強大な敵に立ち向かっていく。しかし、やはりアポロガイストのパーフェクターを狙うディエンドに邪魔をされ、まともに戦うことができないディケイド。その間にもアポロガイストは光のオーロラの向こうにある別世界へと消えてしまう。
 コンプリートフォームとなって邪魔者を消し去ったディケイドはRXのサポートを受け、アポロガイストが去った別世界へ。

 光のオーロラを越え、新たな世界へとやってきたディケイド。そこへ黒い服を来た光太郎が現れた。光太郎は仮面ライダーブラックに変身、ディケイドに襲いかかり…。

  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
脚本:米村正二
監督:金田治
アクション監督:宮崎剛
(ジャパンアクションエンタープライズ)
平成仮面ライダー10周年
(c)2009 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 石森プロ 東映