仮面ライダーディケイド

STORY

第20話 「ネガ世界の闇ライダー」

 夏海(森カンナ)の世界。
 すべては士(井上正大)らが旅立つ前、しかも平和になった元の世界が戻ってきている。自分の、しかも平和な世界に戻ってこられた幸せを満喫する夏海に、9つの世界を回り平和を取り戻した喜びを噛みしめるユウスケ(村井良大)。しかし、士だけは自分がなんのために旅を続けたのか、と表情を曇らせる。

 そんな3人の前に自らを天才という音也(武田航平)が現れた。音也は旅が終わって自分が得たものは何か、という士の問い掛けに、「お前の生きるべき世界」と謎めいた言葉を残して消えてしまう。

 夏海が高校時代の同級生で退学クラブ=TGクラブの仲間だった青柳(森陽太)、佐藤(岩間天嗣)、坂田(坂本恵介)と久々に会うことになった。退学クラブ?士らは首をかしげるが、夏海によると高校を辞めれば何か面白いことがあるかも、と彼らなりの悩みを解消するために結成したクラブだという。

 出かける夏海を見送った士とユウスケは高級レストランへ。すると、なんと士が1万人目の客として歓迎され、しかもレストランを経営するグループ会社のオーナーになってしまう。財産はなんと100億円。超セレブな生活に身を任せる士だが…。

 夏海は青柳ら、そして顧問だった教師の田中(北山雅康)とも再会、喜びを爆発させる。思い出話に花を咲かせる一同だが、ふと夏海が目を離した隙に坂田が古いアルバムの中にある1枚の写真を握りつぶして…。その写真には青柳らを襲うダークライダーの姿が映し出されていた…。

 森の中に作った秘密基地へとやってきた夏海らだが、長い年月のせいか基地はボロボロ。もう一人のメンバー、千夏(井端珠里)もこれを見たら悲しむだろうな、とがっかりする夏海だが、佐藤は千夏がやってきたらみんなで埋めた宝物を掘り返そうという。そのとき誰かが近づいてくる足音が。千夏かな?夏海がふと音の方へと向かった瞬間、佐藤らは人間とは思えぬようなスピードで移動。田中はボロをまとった男女の前に立ちはだかると、「まだ人間が残っていたとは」とオルタナティブに変身。2人に襲いかかる。

 美女とのお見合いなどいいことづくめの士の前に音也が再び現れた。お前はこの世界のお宝を受け継ぐことになるかもしれない、という音也は、士の腕を試したいとダークキバに変身。さらに駆けつけた青柳、佐藤、坂田もダークカブト、リュウガ、オーガに変身。士に一斉に襲いかかる。士がディケイドに変身すると、音也のいう「お宝」を狙って大樹(戸谷公人)もディエンドに変身。戦いの輪に加わる。
 ディケイドはダークキバへファイナルアタックをかけるが途中で失速。なんとライダーのカードがすべて黒く変色してしまう。いったいこれは…?

 一方、森の中で千夏を探す夏海。そんな彼女を遠くから密かに見守るもう一人の夏海の姿が…。

  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
脚本:井上敏樹
監督:田崎竜太
アクション監督:宮崎剛
(ジャパンアクションエンタープライズ)
平成仮面ライダー10周年
(c)2009 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 石森プロ 東映