仮面ライダーディケイド

STORY

第9話 「ブレイドブレード」

 カリスにバックルを奪われたサクヤ(成松慶彦)が降格、ムツキ(川原一馬)がエースチームの隊長に就任すると、カズマ(鈴木拡樹)はBOARDを解雇となってしまう。アンデッドを倒したことで四条社長(累央)に認められた士(井上正大)は、ヤケになって会社を出て行こうとするカズマを冷たくあしらうが、ユウスケ(村井良大)はそんな士はカズマを立ち直らせようとしているだけ、と勝手に解釈。ユウスケに説得されたカズマはアルバイトとして社員食堂で働くことに。

 BOARDの社員食堂を黒字に!士は階級別のランチを廃止、ホスト風のユウスケ、メイド姿の夏海(森カンナ)も動員して集客を図る。そんな士の改革は大成功、カズマも忙しくなった厨房で生まれ変わったように働く。

 そのころエースチームの隊長となったムツキはサクヤをアシスタントにカリスの捜索に乗り出していた。そんな2人の前に突如姿を現したカリス。ムツキはレンゲルに変身、奪われたバックルを取り戻そうとするが、逆にカリスに圧倒され自らのバックルも奪われてしまう。そのときカリスも変身を解除、その正体が四条社長であることがわかった。ぼう然とするサクヤとムツキは再び変身したカリスの攻撃を受けて…。

 サクヤとムツキが突然退職した。そんなバカな…。納得できないカズマは四条に直談判しようと、ユウスケとともにBOARDの最高機密が隠されているという鎌田理事長(入江雅人)の研究室へと向かう。そんなところで社長は何を…?
 そんな2人の後を追おうとしていた士の前に謎の青年(戸谷公人)が姿を現す。「まだ食べられないの、ナマコ」という謎めいた言葉を残して去っていく青年、その正体は?

 鎌田理事長の研究室では鎌田と四条がライダーのバックルとサクヤ、ムツキの身体を材料に新たな最強のアンデッド、ジョーカーを生み出す実験を行っていた。BOARDを存続させるため、常に世界をアンデッドの脅威にさらしておかなければならない。パラドキサアンデッドである鎌田とカリス・四条の恐るべき野望が達成されようとしていた。
 そこへ飛び込んできたユウスケとカズマもあっという間に倒されてしまうが、遅れて現れた士はカズマにブレイバックルを。そして自らはディケイド、そしてディケイド龍騎へと変身し、パラドキサアンデッドを翻弄する。

 しかし、四条はカリス、そしてジョーカーへと変身して反撃。士とカズマもディケイド、ブレイドに変身、ディケイドはブレイドをブレイドブレードへと変形させジョーカーとパラドキサアンデッドを粉砕する。

 カズマ、そして社員食堂で働く女性たちに別れを告げて去っていく士。次に彼らが目指す世界、そこには555(ファイズ)が…!?

  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
脚本:米村正二
監督:石田秀範
アクション監督:宮崎剛
(ジャパンアクションエンタープライズ)
平成仮面ライダー10周年
(c)2009 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 石森プロ 東映