仮面ライダーディケイド

STORY

第7話 「超トリックの真犯人」

 ミラーワールドでにらみ合うディケイド、龍騎、そしてナイト。しかし、そんな3人の間に割って入るように現れたアビスは、ストライクベントを放ち、3人を現実世界へと弾き飛ばしてしまう。
 変身を解除したシンジ(水谷百輔)は「桃井さんを殺し、罪を他人になすりつける気か」とレン(北村栄基)に詰め寄るが、レンは「違う」と言っただけでどこかへと立ち去ってしまう。一人やってきたレンはミラーワールドにオーディンの姿を見つけると、「今度こそ」とナイトに変身して…。

 もしも士(井上正大)がライダー同士が戦う裁判に参加したら…。留置所の夏海(森カンナ)はディケイドがライダーたちと壮絶な戦いを繰り広げる悪夢を思い出し、焦燥感を募らせる。と、そこへ突如鳴滝(奥田達士)が現れた。
「ディケイドは危険だ。私なら、いますぐに君を自由にできる」。
 夏海に惑わすような言葉をかける鳴滝だが、夏海は士たちが助けてくれる、と拒否。鳴滝は薄ら笑いを浮かべると、再びどこかへと消えていく。

 夏海の面会にやってきた士たちは、真犯人はレンだという。これで夏海は釈放、裁判も中止になる…と思われたが、なぜかユウスケ(村井良大)だけは反対する。しかし、それでは夏海は容疑者のままだ。「ごめん…」と夏海に謝りながらもレンを無実だと主張するユウスケ。その姿に士は…。

 オーディンとの戦いを制したレンは、過去に戻ることができるカードを手に入れた。実はレンがライダーとなり裁判に参加していたのは、そのカードで桃井編集長(高橋佐衣)がなぜ自分を呼び出したのか知りたかっただけだという。と、そのときミラーワールドからアビスが現れ、レンに襲い掛かろうとする。間一髪現れたディケイドによってレンは救われるが、ユウスケの言うとおりレンの口をふさごうとしたアビス=鎌田副編集長(入江雅人)が真犯人らしい。が、鎌田にはアリバイがあるが…。

 その桃井殺害の状況も過去に戻ればはっきりする。レンが真犯人ではないと確信したシンジは、レンに代わって士とともに過去へと飛ぶ。

 桃井殺害当日。桃井と夏海が向かい合う応接室に士とシンジが飛び込んできた。その瞬間、カフェにいる鎌田が鎌のようなものを桃井へ向かって放った。間一髪、シンジによって救われる桃井。士は鎌田を拘束しようとするが、なんと未来からやってきた鎌田に逆に抑えられてしまう。
 未来の鎌田は過去の鎌田と合体。アビスに変身して士とシンジを亡き者にしようとする。怒りを露にした士とシンジは「僕たちがチームだ」とディケイド、龍騎に変身。力をあわせアビスを撃破する。
 が、アビス=鎌田の正体はアンデッドだった。緑の血を流し呆然とたたずむ鎌田は、鳴滝にともなわれどこかへと消えていく。

 レンがシンジとのコンビを解消した理由も判明。仲直りした2人は再びコンビを組むことになった。コンビ復活を喜ぶシンジは、お礼とばかりに士にユウスケとの2ショット写真を手渡す。「最高のチームの写真」と士からその写真を見せられたユウスケもまんざらではなく…。
 しかし、そんな彼らの前に新たなライダーたち、ブレイドが姿を現そうとしていた。

  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
脚本:會川昇
監督:長石多可男
アクション監督:宮崎剛
(ジャパンアクションエンタープライズ)
平成仮面ライダー10周年
(c)2009 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 石森プロ 東映