仮面ライダーディケイド

STORY

第5話 「かみつき王の資格」

「キバの鎧を渡せ」。
 王の証を奪おうとするビートルファンガイアに抵抗するキバだが、ビートルの力に圧倒されキバットバット三世を奪われてしまう。なすすべもなく変身を解除したワタル(深澤嵐)は、「俺が王だ」と玉座に座るビートルをただ見つめるしかない。ガルルたちもビートルを新たな王と認める中、ユウスケ(村井良大)がクウガに変身し抵抗を試みるが、ワタルはそんなユウスケを残し逃げ去ってしまう。

 戦いに傷つきながらワタルのもとにやってきたユウスケ。ビートルが王になれば、人間とファンガイアの共存という夢は破壊されてしまう。なんとかワタルに王になれと説得するが、ワタルは一瞬ユウスケに心を許しながらもライフエナジーを吸い取ろうとしてしまう。

 自らの行動にショックを受けたワタルは士(井上正大)と夏海(森カンナ)についに本音を漏らす。ファンガイアと人間の血を引くワタルは、人間と親しくなればなるほど、その人間のライフエナジーを吸い取りたいという衝動に駆られるのだという。
「今度僕の中のファンガイアが目覚めたら、完全な怪物になってしまう」。
 そんな悩みを告白するワタルに、士はそうなったら自分が始末すると言い放つ。

 士はディケイドに変身しキャッスルドランに乗り込むとビートルと対峙。そんなディケイドにビートルは、王になど興味はない、人とファンガイアの共存などありえないことを証明したいだけだという。ビートルはガルルらを取り込み、キバドガバキフォームに変身。圧倒的な力でディケイドを追い詰める。勝ち誇ったビートルはワタルにユウスケのライフエナジーを吸い尽くせ、と命令。一瞬躊躇するワタルだが、ユウスケとの友情を確認。戦う決意を新たにし「王になりたい」と立ち上がる。

 ワタルはキバットを奪い返しキバに変身。復活したディケイドとともにビートルファンガイアに立ち向かう。追い詰められたビートルはキャッスルドランを奪おうと空へ舞い上がるが、ディケイドはキバアローでそんなビートルを撃破。最後はキバと力を合わせビートルを完全に打ち倒す。

 ワタルがかつて生活していた屋敷には傷ついた謎の男(池内万作)がいた。
「ワタルは…いい王に…なれるだろうか」。
 士にそう問いかける謎の男こそ、ビートルファンガイアであり、ワタルの実の父親だった。士はそんな男のためにバイオリンを奏でると、男は美しい旋律に身を任せるように砕け散っていく。

 ワタルと父の2ショットをカメラに収めた士。ユウスケはそんな士と夏海と旅を続けようとするが、彼らの目の前には龍騎の世界が…。

  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
脚本:會川昇
監督:金田治
アクション監督:宮崎剛
(ジャパンアクションエンタープライズ)
平成仮面ライダー10周年
(c)2009 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 石森プロ 東映