劇場版 仮面ライダーディケイド
オールライダー対大ショッカー


2011年12月28日(水)
深夜23:20〜24:45

※放送日が変更になりましたので、ご注意ください。
※テレビ朝日系にて放送。一部地域によっては、放送がない場合や、放送時間等が異なる場合があります。
詳しくはお住まいの地域の放送局の番組表をご参照下さい。


イントロダクション

2009年1月25日〜8月30日にわたって放送された「仮面ライダーディケイド」。平成仮面ライダー10周年記念作品として制作され、主人公の門矢士(かどや・つかさ)が前9作の「仮面ライダー」の世界を渡り歩き、過去のライダーと出会いつつ地球の平和を守り、自らの謎に満ちた過去を解明する、というストーリーが話題となった。

そんな「仮面ライダーディケイド」の劇場版として公開されたのが『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』。平成仮面ライダーだけでなく、昭和の仮面ライダーも大集合。その敵もショッカーが大ショッカーとして復活し、死神博士、地獄大使などが登場。オールドファンにも強烈にアピールした。

ストーリー

旅を続ける士(井上正大)、夏海(森カンナ)、ユウスケ(村井良大)がたどり着いた洋館。そこには士を兄と呼ぶ一人の少女・小夜(荒井萌)が待っていた。ここは目指す士の居た世界なのか…?しかし、小夜に付き従う謎の男・月影(大浦龍宇一)によると、この世界にも滅びの現象が起き始めているという。その“滅び”を防ぐためには、最強のライダーを決めなくてはならない。勃発するライダー同士の壮絶な戦い…ライダー大戦!
そして、士の記憶が蘇ると同時に、謎の闇組織・大ショッカーが姿を現すのだった…。

主な登場人物

門矢 士/仮面ライダーディケイド(井上正大)

失った自らの過去の秘密を追って9つのライダーの世界を巡っている。偽悪的な性格であまり感情の起伏を見せない。今回、その失った過去の秘密が判明。衝撃的な真実を知ることになる。


小野寺ユウスケ/仮面ライダークウガ(村井良大)

「クウガの世界」で人間を襲うグロンギと戦っていたが、グロンギを壊滅させた後は、士の旅に同行している。士とは正反対の明るい性格で、旅の先々で騒動に巻き込まれることも多い。。


光 夏海(森カンナ)

ディケイドライバーを発見し、士の旅のパートナーを務めながら自らも夢に現れるライダー大戦の謎の解明を求めている。押すと誰でも笑い出す光家秘伝の“笑いのツボ”を押す特技の持ち主。光写真館の看板娘。


海東大樹/仮面ライダーディエンド(戸谷公人)

ライダー世界を旅しながら“宝探し”を行っている青年。仮面ライダーディエンドに変身し、カメンライドカードを使って自由に仮面ライダーを出現させ、操ることができる。彼が知っている士の過去とは……!?


光栄次郎&死神博士(石橋蓮司)

光写真館の主で夏海の祖父。写真館のバックスクリーンには、何故か士が向かうべきライダーの世界が描かれる。飄々としてとぼけた老人だが、今回はその真の姿が明らかになる。


劇場版「ディケイド・シンケンジャー」製作委員会
(c)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 (c)2009 テレビ朝日・東映AG・東映