題名のない音楽会 毎週日曜あさ9時放送

NEXT 放送予定

2017.07.02

レーピンの音楽会

世界のトップヴァイオリニスト、ロシア人のワディム・レーピンさんをお迎えして、世界最高峰のヴァイオリンの音色を楽しむ30分。どうぞお楽しみに!
♪ワディム・レーピン、川井郁子、高関健、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

出演者

ワディム・レーピン /ヴァイオリニスト
1971年シベリア生まれ。5歳でヴァイオリンをはじめ、その6ヶ月後にはステージで初めての演奏を果たした。11歳でリピンスキ・ヴィエニャフスキ国際コンクール優勝、モスクワとサンクトペテルブルクでリサイタル・デビュー。1985年には14歳にして東京、ミュンヘン、ベルリン、ヘルシンキ、翌年にはカーネギーホールにデビューしている。17歳でエリザベート王妃国際音楽コンクールに優勝。以来、ベルリン・フィル、ボストン響、シカゴ響、クリーヴランド管、イスラエル・フィル、ロンドン響、パリ管、コンセルトヘボウ管、サンクトペテルブルク・フィル、スカラ・フィルをはじめ、世界有数のオーケストラと、アシュケナージ、ブーレーズ、シャイー、チョン、コンロン、ドホナーニ、デュトワ、エッシェンバッハ、フェドセーエフ、ガッティ、ゲルギエフ、ヤンソンス、ユロフスキ、ネーメ・ヤルヴィとパーヴォ、クリヴィヌ、レヴァイン、ルイージ、マリナー、マズア、メータ、ムーティ、小澤、ラトル、ナガノ、ロジェストヴェンスキー、テミルカーノフ、ティーレマン、ジンマン等の指揮で共演を続けている。リサイタル、室内楽でもルガンスキー、アルゲリッチ、キーシン、マイスキー、クニャーゼフ等がパートナーである。CD録音も多く、ワーナーミュージック、ドイツ・グラモフォンに数々の名盤を残している。2010年2月フランスで最も権威ある“Victoire d'honneur”を受賞。同年12月には芸術文化勲章受章も果たした(“Chevalier de l'Ordre des Arts et Lettres”)。2014年より芸術監督として故郷ノヴォシビルスクにてトランス=シベリア芸術祭を開催している。使用楽器は1733年作のストラディヴァリウス「ロード」。

川井 郁子  かわい いくこ /ヴァイオリニスト
香川県出身。東京藝術大学卒業。同大学院修了。現在、大阪芸術大学(演奏学科)教授。指揮者チョン・ミョンフンや、テノール歌手ホセ・カレーラスなどの世界的音楽家たちと共演。2008年ニューヨークのカーネギーホール公演にてアメリカデビュー。2012年 映画「北のカナリアたち」で第36回日本アカデミー賞・最優秀音楽賞を受賞。デビュー15周年の2015年には、パリ・オペラ座公演を成功させ、国内外を問わず、精力的に活動している。

高関 健  たかせき けん /指揮
国内主要オーケストラで重要なポジションを歴任し、現在東京シティ・フィル常任指揮者、京都市交響楽団常任首席客演指揮者。海外への客演も多く、ロシアの名門サンクトペテルブルグ・フィル定期演奏会には2013年に続き今年4月にも客演。新国立劇場「夕鶴」、大阪カレッジオペラ「ピーター・グライムズ」などのオペラでも好評を博し、作曲家やソリストからも絶大な信頼を得る。東京藝術大学音楽学部指揮科教授 兼 藝大フィルハーモニア管弦楽団首席指揮者でもある。
twitter.com/KenTakaseki

東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 /オーケストラ
1975年設立。常任指揮者に高関健、桂冠名誉指揮者に飯守泰次郎を擁する。年間100回を超える公演は、東京オペラシティでの定期演奏会を柱にオペラ、バレエ公演、テレビ朝日「題名のない音楽会」などへのテレビ出演など多岐にわたり、数多くのCDをリリースしている。また地域コミュニティでの活動に積極的で、1994年から東京都江東区と芸術提携を結び、ティアラこうとう定期演奏会を始め、江東区内で音楽文化の振興を目的とした活動を幅広く行っている。

放送予定曲

♪1:「瀕死の白鳥」

作曲: C.サン=サーンス
ヴァイオリン: ワディム・レーピン
指揮: 高関健
演奏: 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

♪2:「ヴァイオリン協奏曲 第1番」第3楽章

作曲: M.ブルッフ
ヴァイオリン: ワディム・レーピン
指揮: 高関健
演奏: 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

♪3:「小さな星」

作曲: M.ポンセ
ヴァイオリン: ワディム・レーピン
指揮: 高関健
演奏: 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

今後の放送予定

2017.07.09

「ブルックナーの音楽会」

指揮者高関健さんにお話を伺い、ブルックナーの魅力を知る30分。どうぞお楽しみに!
♪高関健、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

2017.07.16

「海を感じる音楽会」

夏といえば海ということで「海を感じる音楽会」。古今東西クラシックに限らず「海」をテーマに書かれた曲は数多い。音楽家たちはなぜ「海」に惹かれるのか?いま話題の若手女性指揮者・田中祐子さんを迎えその謎を紐解きつつ名曲に描かれた様々な海を味わう音楽会。どうぞお楽しみに!
♪田中祐子、東京交響楽団

2017.07.23

「ネマニャの音楽会」

セルビアの若き才能豊かなヴァイオリニスト、ネマニャ・ラドゥロヴィチさんを迎えその魅力的な演奏と個性的なキャラクターを紹介する。どうぞお楽しみに!
♪ネマニャ・ラドゥロヴィチ、田中祐子、東京交響楽団